夜釣りはアオイソメが有利か?博多湾 須崎埠頭でチヌとシーバス狙う!

 

こんにちは。たかです。

妻はお里帰りし、母は入院しておりますので、昨晩はひとりきりでした。

久しぶりの独身気分です。

とはいえ、やる事なんかありませんので、魚釣りへ行ってきました。

夕方、愛犬のお散歩を済ませてから、博多湾の須崎埠頭へ出陣しました。

途中、釣具屋さんで、アオイソメ50gとカニ5匹を調達しました。

釣り場に着いたのは、18時くらいです。

まだ、太陽が高い位置にありましたので、暑かったですね。

でも、釣りバカは、こんな状況でも釣りをしたいものです。

まずは、カニでチヌ狙い

明るいうちは、カニの方が良いのではないかと思いまして、カニでチヌを狙いました。

仕掛けは、いつもの『ヘチ釣り』です。

岸壁スレスレに、エサを落としていきます。

チヌは、上から落ちてくるものを食べる習性があります。

ヘチ釣りは、このチヌの習性を利用した釣り方です。

まずは、一投目。

岸壁スレスレを狙って、エサを海中へ落としていきます。

ん???

コツコツ!!

なんと、一投目から、アタリがあります。

ですが、コツコツとしただけで、そのあとが続きません。

エサを回収してみると、カニの片方のハサミだけ無くなっています。

ん~、チヌではありませんね。たぶん。

ですが、魚の活性は高そうですので、期待が持てます。

やる気満々で、エサを海中に、スルスル~、スルスル~と落としていきますが・・・

反応はゼロ。

気がつけば、時間は、19時です。

『あ~、今日もダメなのかな・・・』なんて思いながら、エサを海中に落としておりました。

とその時、『ん?エサが落ちていかない。岸壁に引っかかったかな』と思いながら、ゆっくり竿先をあげてみました。

すると、グググーと竿先を抑え込むようなアタリです。

魚が、カニをくわえていたんですね。

そして、上がってきたのは、この方でした。

キビレですね。

体長は、20㎝くらいのかわいいヤツでした。

ほとんど、引きませんでしたね・・・すぐに、網の中に納まってくれました。

お次はアオイソメで狙う

その後、まったくアタリが無くなりました。

日も完全に沈み、辺りも暗くなりましたので、アオイソメにエサをチェンジです。

アオイソメなら、いろんな魚が食べに来ますので、アタリが頻繁に出ます。

なので、退屈することがありません。

ところが・・・

昨晩は、ちょっと、いつもと違っていました。

まったく、アタリが出ません。

小魚すら、いないみたいです。

アタリが出ないと、疲れてくるんですよね・・・

そこで、竿を片手に、コーヒーでも飲みながら、岸壁に座って夜景を見ておりました。

ただ、エサだけは岸壁スレスレに落としていました。

すると、突然、竿先を海中に一気に持って行くアタリです。

もし、竿をしっかり持ってなかったら、海に落としていたかもしれません。

タイコリールを抑えて、糸が出ないようにするんですが、まったくダメです。

どんどん、糸が出て行ってしまいます。

『これは、かなりデカいぞ!』

かなり抵抗されましたね・・・いい引きしてました。

やっと上がってきたのは、この方です。

ちょっと、写りが悪くてすみません。

チヌですね。

体長40cmでした。

そこまで、大きくないんですが、かなり元気なおチヌさんでした。

アオイソメは、海面から1~2mくらいのところに落としていましたので、浅場までエサを食べに来ているってことでしょう。

その後は、またしても沈黙の時間が続きました。

最後に、大きな船が泊まっていましたので、その近くの岸壁を探ってみました。

『この一投で、つれなかったら帰ろう』と思っていました。

そしたら・・・

コツコツ、コツコツ

ん?来たか?

少しだけ、竿先を海中に送り込んで、しゃくります。

すると、一気に海中に潜りこんでいく。

これまた、デカい!

先ほどのチヌと同じくらいの、強い引きです。

途中、バシャバシャと海面をたたいていましたので、シーバスだと思いました。

そして、上がってきたのは、このお方でした。

ハイ、シーバスさんですね。

体長、40㎝でした。

この大きさなら、スズキではなく、フッコと呼んだ方がいいですかね。

大きさの割には、かなり、いい引きしてました。

この1匹で、満足しましたので、ここで納竿です。

最後に

今年の夏の博多湾は、ちょっと、いつもと違うような気がします。

小魚がいませんし、もっと、シーバスの子供がいてもいいんですがね。

まあ、昨晩は、チヌとシーバスが釣れましたんで、良しとしましょう。

で、今晩も、出撃する予定です。

さて、どこに行こうかな・・・

ホントに、自由って、たのしいですね!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。