お金は無いけどアーリーリタイアしたい。この方法しかない。条件はひとつだけ

 

こんにちは。たかです。

毎日、雨が降って、なんだかスッキリしませんね。

こんな時に、仕事に行くのって、ホントに憂鬱でした。

まあ、今日は金曜日ですから、あとひと踏ん張りってところでしょうかね。

さて、今日は、『お金はないけど仕事を辞めて、自由になりたい!』って方に、参考になる記事を見つけましたので、ご紹介したいと思います。

僕は2019年3月末で会社を早期退職したんですが、潤沢な資金があるわけではありません。

このまま、何も仕事をしなければ、70歳で資金が枯渇する予定です。

ほとんどの方は、このくらいの資金では、アーリーリタイアなんかしないと思います。

ですが、僕は仕事を辞めましたし、これから、雇われる仕事もしたくありません。

わがままばかりですが、なんとか、生きていかなければいけません。

この記事は、生きていく方法を教えてくれました。

どんな内容だったか?

月の生活費は10万円以下

この記事に登場するのは、64歳の男性の方です。

来年から、年金を受給するみたいです。

その年金額は、月に10万円あるようです。

さらに、貯金は2,000万円お持ちのようです。

金融庁が提唱していた金額ですね。

僕も、このくらいお金が残っていれば、安心なんですがね・・・

一方、生活費は、8万6,000円なんだそうです。

ん~、1人だと、こんなもんなんですかね。

内訳は、こうです。

食費:35,000円

光熱費:15,000円

通信費等:15,000円

趣味娯楽:5,000円

雑費:5,000円

医療保険:11,000円

無駄がありませんね。

通信費には、ケーブルテレビ代が含まれています。

まあ、楽しみのひとつなんでしょう。

ちょっと、医療保険が高いような気もしますが、仕方ないんですかね。

あと、食費ですかね・・・

1日1,000円以上ですから、我が家より、良いもの食べてます。

年金の範囲内で生活

僕が感心したのは、年金内で生活しているってことです。

あと14,000円分、贅沢しても大丈夫です。

もし、僕もこのように、年金内で生活が出来れば、70歳で貯金が底をついても、問題ありません。(まったく問題ないわけじゃありませんが)

この方の生活費のポイントは、やはり、『家賃』が無いってことですね。

もし、家賃がかかるようであれば、年金内で生活することは、難しいかもしれません。

ですので、アーリーリタイアする前に、住み家を確保しておくことは、大事なことですかね。

最後に

アーリーリタイアするために、死ぬまでに必要なお金を準備していたら、時間が足りません。

そんなことしてたら、アーリーリタイアどころか、定年を迎えてしまいます。

ある程度、お金が貯まった時点で、リタイアをしないと意味がありません。

その一つの目安が、『65歳あるいは70歳まで生き延びれる資金』じゃないでしょうかね。

仮に、リタイア後の年間の生活が200万円とします。

20年分としたら、20年×200万円=4,000万円です。

ってことは、45歳で4,000万円あれば、アーリーリタイアを検討してもいいかもしれませんね。

ただし、住み家を準備しておくこと。

といっても、家を買う必要はありません。

家賃が安い家を確保しておけばいいわけです。

田舎に行って探せば、2~3万円程度でありますからね。

いかがでしょうか?

贅沢すれば、キリがありません。

それよりも、質素な生活で、ストレスを少なくして、自由に生きている時間を楽しんだ方が、僕には合っているようです。

僕と同じような考えの方に、何か参考になれば、うれしいです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。