指名解雇に近い降格人事が始まったらしい。やっぱり早期退職して正解だった。

 

こんにちは。たかです。

昨日、勤めていた会社の同僚から電話がありました。

最近の事務所での出来事など、どうでも良い話をしながら、盛り上がっていました。

ちょっとだけ、懐かしかったですね。

ですが、少し元気が無かったので、『どうしたのか?』と尋ねてみたら、ひどいことに・・・

昨日、降格人事が発表されたらしく、この同僚は、残念ながら降格になってしまったようです。

彼は、管理職だったんですが、一般職になるそうです。

まあ、クビになったわけじゃありませんが、ショックですよね。

管理職になるまでには、かなりハードルが高く、試験や面接をクリアしないといけません。

それらを、何とか切り抜け、やっと管理職になったのに、あっさりと降格。

しかも、降格になった理由は告げられなかったそうです・・・

おそらく、年齢と働きぶりで、判断されたんだと思いますが。

年収は30%ダウン

彼の口ぶりでは、年収が30%ほどダウンするみたいです。

痛いですよね・・・

ちなみに、彼の年齢は、48歳。

僕の1年後輩になります。

まだ、子供が大学生と高校生なので、学費がかかっているようです。

下の子供が大学生になれば、さらに、お金がかかるでしょう。

そんな環境なので、会社を辞めるに辞められず、会社に残ったら、降格された。

サラリーマンとは、悲しいですね・・・

間違いなく降格

もし、僕が会社を辞めずに残っていたら、彼と同じ運命だったと思います。

『たかさん、残念ながら、来月から一般職ね。年収は、○○円くらいになるから!』って告げられていた事でしょう。

そんなふうになったら、モチベーションは保てないですね。

年収は下がるし、仕事内容は変わらないし・・・

しかも、いつリストラされるか分かりません。

だって、降格されるような評価しかされていないわけですからね。

会社を辞める人が出るかも

元同僚は、こんな事を言っていました。

『たかさん、会社辞めて正解でしたよ』

『今回の降格人事で、やめる人が続出しそう』

『会社の狙いは、そこにあるみたい』って。

早期退職制度を発令して、多くの社員をクビにしました。僕を含めて。

ですが、それでも、まだ足りないらしいです。

今度は、『降格人事』をすることで、ハッキリと辞めてほしい人を狙ってきたようなんです。

要するに、辞めてほしい人を、『降格にした』ってことですね。

恐ろしい・・・

もう、指名解雇に近いやり方ですね。

ですが、今回の降格人事で会社を辞めても、退職金の上乗せはありません。

会社を辞める時って、タイミングが大事だな~って感じました。


最後に

会社がクビきりを始めたら、ベストなタイミングで辞めたほうが良いですね。

30代、40代前半なら、まだまだ、大丈夫かもしれませんが・・・

一方、45歳から55歳くらいの人は、いつクビきりのターゲットにされても、おかしくありません。

経営者は、社員を守るのではなく、会社の存続を優先します。

社員より、株主を大事にします。

これだけは、サラリーマンとして、いつも、頭の中に入れておかないといけません。

とっくの昔に、会社を信頼する時代は、終わってしまったようです。

会社に利用される前に、会社を利用しないといけませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。