20代の方は管理職になりたくない人が約半数。その理由とは?

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

サラリーマン生活は26年でしたね。

結構、耐え忍んだと思います・・・

会社を辞める前は、心身共にボロボロになっておりましたが。

そんな僕ですが、20歳の頃は、『出世したい!』って思っていました。

『最年少所長、最年少支店長になるんだ!』なんて、夢を描いて仕事をしていたものです。

若かったですね・・・

そんな思いも、30代後半には、『あ~、もうダメだ・・・』って感じになり、40代になってからは、『はやく、会社辞めてぇ~』でした。

もう、ポンコツ・ダメリーマンになっておりました。

結局、49歳で会社を早期退職してしまうという、暴挙に出たわけであります。

まあ、妻だけは、理解してくれましたけどね。

では、今の20代の方は、どう思っているのでしょうか?

こんな記事を見つけました。

『「管理職になりたくない」 20代女性では5割もいる!』です。

20代の49・4%が管理職になりたくない

これは、パソナ総合研究所が、20代から60代の女性の正社員総合職を対象に『管理職への意向』を調査した結果です。

管理職に『なりたい』と回答したのは50代から60代で31・2%と最も高かったらしいです。

一方、『なりたくない』と回答したのは20代の49・4%が最も高かったみたいです。

ん~、そうなんですね・・・今は

なぜ、若い人たちは、管理職になりたくないのでしょうか?

大変そうだから

管理職になりたくない理由は、全年代で『大変そうだから』が1位だったみたいです。

傍から見て、『あんな風には、なりたくないなぁ~』って感じでしょうか?

僕も40歳を過ぎてからは、上司を見ながら同じことを思っていました。

いわゆる中間管理職で、上からはガミガミ言われるし、下は言う事聞かないしで、精神的につらそうでしたからね・・・

さらに、20代から40代に関しては、『責任が重くなるのが嫌だから』が2位だったようです。

ん~、責任を負ってまでやりたくないってことですかね。

分かるような気がします。

そんなに頑張っても、良いことなんかありませんしね・・・

プライベート重視

これからは、益々プライベートの時間を大事にする人が増えてくるんでしょう。

自分の時間を大事にして、仕事はその合間に行う。

仕事は二の次かもしれません。

それでいいのかもしれませんね。

これからの管理職の方は、個人ごとの仕事に対する考え方を理解した上で、部下と接していかないといけませんね。

最後に

僕は、管理職のいない職場が、最高の職場になると思います。

中小企業でも、社長があれこれ口を出さない会社ってありますよね。

でも、うまく経営できている。

それって、社員が協力しあうことが出来ている証拠だと思います。

会社という組織は、どうしても社員を管理したがります。

管理していないと、社員はサボるんじゃないか?

そう思っているんです。

そんなこと無いんですがね・・・

ノルマを課さないと、営業しないんじゃないか?

歩合制にしないと、仕事をしないんじゃないか?

もう、そんな発想は辞めた方がいいと思うんですがね・・・

僕だけでしょうね。

こんな甘い考え方しているのは。

サラリーマンを辞めた今、どうでも良いことになりましたが。

ふと、感じたことを書いてしまいました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。