勝ち負けではない。他者と比べない。自分の満足度を追求していきたい。

 

こんにちは。たかです。

稀勢の里が3連敗してしまいましたね。

連敗も8になったそうです。

稀勢の里も、きっと、つらい思いをしていることだと思います。

勝負の世界で生きている人って、ほんとに、大変だと思います。

勝たなければ、負けるわけで、生きていけないって事になります。

でも、どんなに一流の選手でも、いつかは、衰退する時がきます。

イチローだって、三浦カズだって、どんなに摂生して、トレーニングを積み重ねても、選手としては使われなくなる。

厳しい世界です。

サラリーマンも同じかも

僕は、稀勢の里みたいな、すごい業績を残したわけではありません。

ごく普通のサラリーマンです。

ですが、こんな僕ですら、若い社員と比べれば、もう、太刀打ちできない領域に入っています。

さらに、自分の若いころと比べても、ダメになっていますね。

昔だったら、出来ていたことが、今や、こなすことすらできない。

ホントに、ダメサラリーマンになってしまいました。

引退の時期が分からない

スポーツ選手は、勝てなくなった時が、引退の時期でしょう。

もしかしたら、稀勢の里も、引退を考えているかもしれません。

ですが、サラリーマンって、引退の時期が分かりにくい。

仕事が出来ないわけでは無いが、若手ほど業績を上げることが出来ない。

給料が高い割には、それに見合った結果は、出せていない様に思います。

僕も含めての話しです。

でも、だれも、引退を告げる人がいないので、ズルズルと会社で生き延びている。

まあ、こんな生き方もいいかもしれませんが、なんか、違うような気もします。

50歳定年が一番良いのでは?

50歳過ぎても、結果をさせるサラリーマンの方も、いらっしゃいます。

みんなが、僕みたいなポンコツとは思いません。

ですが、50歳過ぎると、ポンコツになる確率は上がっていると思うんです。

だったら、とりあえず、50歳で引退させる。

これが、いいんじゃないでしょうか?

そして、まだ、結果が残せる人は、継続雇用してもらう。

一方では、ポンコツサラリーマンは、50歳までに生涯年収をもらう。

今は、60歳定年の会社が多いと思いますが、60歳までの賃金を、50歳までに頂いてしまう。

会社としても、50歳で、辞めさせた方が良いでしょうし、辞める方も、次の道が見つけやすいんじゃないでしょうか?

そして、50歳からは、こんな生き方が良いんじゃないかと思うんです。

他者と比較しない、自分の満足を追求する

もう、他者と比較して生きることをやめる。

サラリーマンって、いつも、社内競争をさせられています。

評価にしても、相対評価ですよね。

『あいつより、自分の方が、結果を出した』とか、『社内売り上げ順位○○位』なんてこと、ありませんか?

そんなの、50歳過ぎたら止めて、『自分が満足しているか?』、『毎日、楽しいか?』に重点を置いたほうが、いい人生を送れるんじゃないかと思っています。

最後に

稀勢の里を見ていて思いました。

『もう、十分じゃないか!』って。

横綱までなったわけです。

それだけでも、すごい事です。

苦しんで、相撲を取る必要はないんじゃないか?

そんなことを感じてしまいました。

みなさんは、どう感じましたか?

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。