退職する3か月前は仕事しないのが普通?今までの人は、遊んでたらしい

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で退職する予定です。

なので、あと、4か月ちょっとで、会社を辞めるわけです。

日増しに、仕事へのやる気が無くなっていきます。

今は、かろうじて、やる気が残っているって感じです。

何か、イヤな事があれば、これを理由に仕事を休みたくなります。

っていうか、休んでいます。

こんな感じですので、残り4か月を乗り越えることが出来るかどうか、自分の事ながら、心配です。

まあ、辞めてしまうんですから、そんなに気にしなくてもいいですけど。

かなり、無責任になっております。

そこで、来年の3月は、有給休暇を取得しようかと思いまして、内務の人に、相談してみました。

そしたら、衝撃的なお話を聞くことができました・・・

『来年から休んだら』ですって

んん??

『どういうことですか?』って聞きなおしてしまいました。

僕の有給休暇って、20日くらいです。

来年から、すべて休むには、有給休暇の日数が足りません。

そしたら・・・

『今まで辞めた人って、退職する3か月前から、遊んでたよ。』って。

『特に、営業の人は、月曜に日出てきて、その後は、消息不明になってた。携帯もつながらない人いたしね・・・』ですって。

『だいたい、そんな風になる人って、辞めるんだなって、分かるんだよね。なんとなく』

『だから、たかさんも、有給で休むんじゃなくて、仕事に出てる風にして、遊んでればいいんだよ』と、ありがたいアドバイスをいただきました。

その気持ち良くわかる・・・

普通に考えれば、『最後くらいは、頑張ってみよう。少しでも、周りに迷惑かけないように』って、思うんじゃないでしょうか?

ですが、いざ、自分が辞めるとなると、そうはなりません。

逆に、『いまさら、頑張ってもなぁ。評価は最低になるのは間違いないし、ご褒美に、最後くらい、ゆっくりさせてもらおう』ってなります。

これって、今日の僕の心境です。(正直にいいます)

なので、退職しようとする人が、最後3か月を遊んでいる事を、とがめられないですね。

でも、きっと、楽しくない

会社には、『仕事やってます』みたいなこと言って、遊んでいるのって、あんまり、楽しくないと思います。

心のどこかで、会社に拘束されていますし・・・

『仕事をしないといけない』って思いながら、仕事をすることが出来ない。

これって、楽しいどころではなくって、かなり、苦しい期間かもしれません。

考えている事と、やっていることが違うときほど、心は疲れるんじゃないかと思うんです。

退職前の3か月は、一番、疲れるのかもしれません。

最後に

おそらく、12月が終わった時に、僕の『やるきメーター』は『0』になっていることでしょう。

そして、1月~3月は、『どうやって乗り越えるか?』、こればかり、考えているかもしれません。

そして、3月最終日になって、『ああ、やっと終わった』って、感じるんだと思います。

その時は、解放なのか罪悪感なのか分かりませんが、今までにない感覚を感じる事でしょう。

僕は、『罪悪感』を感じるじゃないか?って思います。

『最後まで、頑張れなかった・・・』って。

でも、仕方のない事です。

やろうとしても、できないんです。

情けない話ですが・・・

これからの、心の変化について、このブログに書いていきたいと思います。

お暇な時にでも、見ていただければ幸いです。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

早期退職 (角川文庫) [ 荒木 源 ]

価格:691円
(2018/11/26 15:11時点)