ついに『退職届』を出した。そういえば、娘には会社辞める事、言ってない

 

こんにちは。たかです。

本日、『退職届』を出しました。

いわゆる、『辞表』ってやつでしょうか?

昨年の末に出そうと思ったんですが、『印鑑』が必要でした。

シャチハタは、『不可』だったんですね。

僕は、単身赴任先に、印鑑なんか持っていませんので、年始に実家に帰った時に、押して戻ってきました。

妻の前で、書類に印鑑を押していたんですが、全く、反応なし。

少しくらいは、『とうとう、会社辞めるんだね』とか、コメントがあるかな?って思ってたんですが・・・

妻は、テレビを見ながら、大笑いしてました・・・

まあ、そっちの方が、よかったかもです。

しんみりされると、なんか、辞めにくいですからね。

そういえば、子供たちに伝えなかった

よく考えてみると、正月の間に、子供たちに、僕の退職の話しをしていませんでした。

あえて、しなかったかけではありません。

子供たちと起きている時間帯が違うので、顔を合わせる時が無かった。

これが、一番の理由ですかね。

息子は、僕が会社を辞めることを知っていますが、娘は、全く知りません。

息子は、既に仕事をしていますので、僕が会社を辞めたところで、自分の生活には、全く支障がありません。

なので、辞めることを伝えた時も、あまり、大きなショックは無かったと思います。

ですが、娘の方は、ちょっと、立場が違います。

まだ、専門学校の1年生なので、あと、2年くらいは学校に通わないといけません。

父親が仕事を辞めれば、自分の学費が家計の負担になるって事くらいは、我が家の娘でも、理解できると思います。

そういった点でも、出来るだけ、退職を知らせるのは、遅い方がいいかもしれないと思っています。

おそらく、娘が、父親の退職の事実を知るのは、春休みになるでしょうね。

まあ、4月になって、突然、父親が実家に戻ってきて、家にずっといれば、不思議に思いますよね。

『あれ?お父さん、会社に行かんでも良いと?』って感じになるでしょうね。

その時は、なんて答えようかな・・・

最後に

だんだんと、退職の日が近づいてはいますが、実感がありません。

あと、3か月で無職になるなんて・・・

ほんとに、無謀な退職なんですが、実感ないんですよね。

会社を辞めることに、迷いなんか無いし・・・

ほんとに、不思議です。

実感が湧いてくるのは、3月に入ってからでしょう。

退職の手続きも増えてきますし、業務の引継ぎも始まります。

そうなってくると、『あっ、ほんとに、僕は会社を辞めるんだ・・・』ってなるんだろうと思います。

ある意味、その時が、楽しみでもあります。

その時の気持ちなんかは、ブログの中で書いていきたいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。