何かを手に入れたら、何かを犠牲にしないといけない時もあると思う。

 

こんにちは。たかです。

みなさんの周りに、何もかも手に入れたい。

でも、ガマンはしたくない。

そんな人っていますか?

僕が勤めていた会社の同僚に、こんな人がいました。

出世はしたい。

お金も欲しい。

でも、仕事はしたくない。

そんな調子のいい話なんて、そうそうありませんよね。

今日、こんな記事を目にしました。

『30歳5500万円の家を購入。夫とお金のことで喧嘩ばかり』です。

30歳で5500万円の家を建てるなんて、すごいですね・・・

でも、この記事を読んでいて、感じることがありました。

不安でいっぱい

この記事に登場する方は、32歳の旦那さんと、30歳の奥さまです。

お子さんは2歳で、幸せいっぱいの時でしょうかね。

ですが、奥さまはちょっとした不安を抱えているようです。

5500万円もする家を購入したので、今まで貯金したお金を頭金や諸費用に使ったようです。

仕方ないですよね・・・

当然ながら、家を購入した後は、貯金が無くなってしまった。

それに、不安を感じているようなんです。

しかも、旦那さんは、趣味であるゴルフの練習場を庭に作りたいんだそうです。

さらには、年に1回は海外旅行、2~3回は国内旅行をしたい様子。

その上、お子さんをもう2人欲しいらしい。

流石に、この状況では、貯金なんて増えないでしょうし、お子さんが出来れば、赤字家計になるかもしれませんよね。

窮屈な思いはしたくない・させたくない

ところが、この奥さま、こんな事を言っています。

『身の丈に合わない買い物だったのではと思いつつ、新居を購入したのにそのせいで窮屈な思いをしたくないし、させたくないとも考えている』って。

よく現状を把握している様に思うんですが・・・

『5500万円のお買い物をしたのに、思った通りの生活をしたい、させたい』って言うのは、無理があるように思います。

『何かを得たら、何かをあきらめる』って事は、時には必要なことじゃないですかね?

みなさんは、どう思いますか?

アーリーリタイアを得てあきらめたもの

僕は、大きなお買いものは、あまりしません。

今乗っている車も、7年経ちますが、まだまだ乗るつもりです。

僕の最近の大きなお買い物は、『時間』かもしれません。

アーリーリタイアをして、僕は、『時間』をいうものを手にいれました。

会社を辞めてから、時間を拘束されることが無くなりました。

すべてが自由時間になったわけです。

ところが、無くしたものもあります。

『所属』、『肩書』、『お金』、『仲間』、『安心』などなど。

自由時間と引き換えに、多くの物をあきらめたような気がします。

ですが、一切、後悔の念はありません。

しがみつかない生き方 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書) [ 香山リカ ]

価格:799円
(2019/9/22 11:36時点)

最後に

生きている以上、何かをあきらめることも大事じゃないかと思います。

あれもほしい、これもほしい。

そんな風に欲張っていては、ホントに自分がほしいものを得ることが、出来ないような気がするんです。

ホントに自分がほしいものが目の前に来たときに、それに気がつかない。

そうならないようにした方がいいと思います。

僕は、自由時間を手に入れて、多くの物をあきらめました。

ですが、僕は、自分が一番欲しかったものを手に入れたような気がしています。

なので、失ったものに対して、後悔はありません。

でも、もしかしたら、自由時間をあきらめなければ、手に入らないものが、今後現れるかもしれません。

その時に、躊躇することなく、自由時間をあきらめられる人になっておきたいと思います。

人って、時にはあきらめる事も肝心ですよね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。