サラリーマンのお給料って上がっていない。僕も退職しなかったら減給だった。

 

こんにちは。たかです。

みなさんのお給料って、上がってますか?

僕が勤めていた会社では、『早期退職優遇制度』が発令され、多くの社員がクビきりされました。

さらに、生き残った社員に対しては『職位変更』が行われています。

『職位変更』とは、文字通り、職位が変わる事ですが、ほとんどの場合、『降格』です。

昇格する場合は、試験に合格する必要がありますので、無試験で昇格することはありません。

降格すれば、どうなるか?

みなさんのご想像どおり、お給料やボーナスが減額になります。

もし、僕が会社に残ったとしても、100%降格になっていた事でしょう。

僕が勤めていた会社って、『社員のクビ切り』、『給料カット』をやるような会社でした。

早めに脱出できて、良かったと思っています。

さて、今のサラリーマンって、お給料上がっているんでしょうか?

国は、『景気が良くなって、所得も増えている!』って言っていますが、ホントなんでしょうか?

そんな感覚、まったくありませんでしたが・・・

平均年収は増えている!

なんと、安倍さんの言うとおり、平均年収は増えているみたいです。

厚生労働省の『国民生活基礎調査』を見てみると、2013年調査では平均年収537.2万円だったのが、2018年調査では551.6万円になっているようです。

年収として、14.4万円上がっています。

月に1万2,000円上がっているわけです。

ですが、中央値を見てみると、2013年調査では中央値432万円だったのが、2018年調査では423万円になっています。

あれ?

中央値は、9万円下がっています。

平均年収は上がっているのに、中央値は下がっている。

どう考えたらいいのか?

ほとんどの人はお給料が下がっている

ちなみに『中央値』とは、データを小さい順に並べたときに、ちょうど中央に位置する値のことです。

2018年にお給料の中央値が下がっているってことは、2013年よりもお給料が減った人が増えたってことです。(だぶん・・・)

あるいは、お給料が少ない人が、増えたのかもしれません。

たとえば、アルバイトとか、パートをする人が増えたからかもしれません。

でも、平均値は増えている・・・

ってことは、逆にお給料が増えている人も、いるってことですよね。

減った人がいる反面、増えたひともいるってことです。

おそらく、大企業にお勤めの方なんかは、増えたんじゃないでしょうかね。

僕は変わっていない

僕は、この7年くらいは、お給料は変わっていません。

昇給もありましたが、雀の涙ですので。

ただし、税金が変わっていますので、手取り収入は下がっていましたね。

サラリーマンは、無条件に税金を天引きされますので、どうしようもありません。

まあ、お給料が下がらなかっただけ、良しとしましょう。

最後に

なかなか、生活は楽になりませんよね・・・

お給料は上がりませんし、税金は増えるし。

今度は、幼児教育無償化になりますので、ちょっとは、楽になる方もいらっしゃることでしょう。

でも、保育園などが、値上げしているらしいですが・・・

僕は無職になって、無収入ですが、その分支出も減ってきました。

このまま、質素な生活で、生きていこうかと考えています。

案外、楽しいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。