サラリーマン、会社を辞めたらタダの人。出世しようが人望があろうが関係ない

 

こんにちは。たかです。

定年退職などで、会社を辞めてしまうと、さみしく感じる人が多いそうです。

さぞかし、楽しいサラリーマン人生を送った方なんでしょうね。

僕なんか、ただの一度も、さみしいなんて感じたことありません。

せいぜい、『あ~、スッキリした!』くらいのものです。

そんな中、こんな記事を見ました。

『第二の人生、明るいはずが…有能社員さえ「定年で転落」の現実』です。

さて、どんな転落があるって言うんでしょうか?

タダの人になる

この記事の中に、2人の定年退職した方が登場します。

Aさんは、営業本部長を務めた方です。

退職の日が近づいてくると、感謝の気持ちを伝える部下や取引先が、Aさんの元に訪れない日はなかったそうです。

かなり、人望のある方だったんですかね。

ところが・・・

時間を持て余していたので、勤めていた会社に顔を出してみたそうです。

しかし、『早く帰ってもらいたい』といった感じの対応をされる・・・

仕方なく、足早に会社を後にしたそうです。

そして、もう一人。

Bさんは、出世もし、広い人脈を持っていた方です。

自分には、人望があると疑わなかったみたい。

ある日の事、Bさんは、仕事関係者を集めて旅行をしようとしたそうです。

自ら案内状を作成し、参加者を募ったそうなんですが・・・

残念ながら、参加者は集まらなかったそうです。

まあ、よくある話ですよね。

会社を辞めたら、どんなに出世していても、どんなに人望があっても、タダの人になるってことです。

クラス替えがあれば友達は変わる

小学生だって、クラス替えがあれば、新しい友達が出来ます。

そうなると、前のクラスの友達とは、遊ばなくなるものです。

まして、会社だったらどうでしょうか?

当然ながら、サラリーマンは、利害関係で結びついています。

新しい上司が来れば、その人と関係を深くするものです。

以前の上司や一緒に仕事をした人と、ずっと関係を保つなんて、やるはずありません。

なので、退職したら、『在職中のような関係はなくなる』と思っておかないといけませんよね。

そうしないと、この記事に出てくる方のように、みじめな感じになってしまいます。

退職したら転校生

もし、退職後に、新しい人間関係を築くのならば、どこかの組織に入らないといけません。

クラブ活動とか町内会とか、いろいろあると思います。

ですが、外から入っていくわけですから、ストレスを感じることでしょう。

小学生で例えれば、転校生って感じですかね。

うまく付き合っていかないと、仲間にしてくれません。

『オレは、営業本部長をやってたんだぞ!』なんて言っていたら、誰も遊んでくれませんよね。

ひとりで遊ぶ

僕は、こういった組織に入ることが、とっても苦手です。

なので、サラリーマン時代は、転勤するのもイヤでした。

みんな大人なので、いじめとかには遭いませんでしたが、溶け込むまでに時間がかかっていました。

人間関係を築くのが下手なんですよね・・・僕は。

だから、リタイア後は、どこにも所属していません。

ずっと、ひとりです。

でも、僕にとっては、そっちの方が、精神的に落ち着いています。

きっと、持って生まれた性格なんでしょう。

魂の退社?会社を辞めるということ。

新品価格
¥1,386から
(2020/6/11 11:28時点)

最後に

サラリーマンは、いつかは、会社を辞めます。

そして、どこにも所属しない人になるわけです。

では、その後はどうするか?

ひとりで遊ぶか?

それとも、友達を見つけるか?

これって、人それぞれなんでしょうね。

自分は、どういう生活が向いているのか、考えておいた方が良いかもですね。

でも、少なくとも、『元の職場の人は、遊んでくれない・・・』ってことは、頭に入れておいた方が良いと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。