大船渡高校には甲子園に行ってほしかった。大人が悪いと思うんだが。

 

こんにちは。たかです。

『令和の怪物』といわれる大船渡高校の佐々木君が、決勝戦で登板することなく、負けてしまいましたね。

僕も、高校の時に野球をやっていました。

やっぱり、子供たちは、甲子園を目指して頑張っているんですよね。

きっと、心の中では、『投げたかった・・・』って思っているんじゃないでしょうかね。

反面、肘のことを考えれば、投げなかった方が良かったでしょう。

『監督さんの判断が良かった!』と評価されています。

僕も、そのとおりだと思います。

ですが・・・

よく分からないこともあります。

継投はしないのか?

肘のことを考えれば、球数は減らした方がいいわけです。

そう考えると、継投策をするしかありません。

ですが、4回戦では、佐々木君が1人で投げぬき、194球も投げているわけです。

ちょっと、理由が分かりませんね・・・

さらに、中2日空けて、準決勝で129球投げています。

しかも、結構、点差もあった試合だったと記憶しています。

早めの継投が出来たんじゃないかな?

そして、肝心な決勝戦で、『ケガのことを考えて投げさせない!』っていうのは、どうなんだろうか・・・

本人とちゃんと話したうえで、決定したことだとは思うんですが。

投球数制限

『投球数の制限』をするという話をききました。

でも、これをやると、強豪校しか、甲子園には行けません。

だって、普通の高校では、ピッチャーが出来るような子を、何人も集めることなんか出来ません。

そうなると、甲子園常連校が有利になってしまいます。

今でも、その傾向があるのに、さらに強くなってしまいます。

過密スケジュールが悪い

そもそも、何が悪いのか?

僕が思うのは、『スケジュールが過密すぎる』ってことです。

準々決勝、準決勝、決勝って、日程が詰まっていますよね。

これを、やめればいいんじゃないですかね?

たった、1日、2日空けただけで、100球以上も投げるなんて、そもそも無理があるわけです。

予選であれば、ゆっくりスケージュールを取って、出来るんじゃないでしょうか?

そして、本番も、甲子園球場じゃなくて、屋根付きの球場に変えるべきだと思っています。

そうすれば、雨で日程がずれることもありませんし、暑さ対策にもなります。

今の夏の暑さは、以前とは比べ物になりませんからね・・・

最後に

今日は、野球小僧だった時のことを思い出して、書いてしまいました。

僕としては、佐々木君を甲子園で見たかったですね・・・残念です。

ですが、肘を壊して将来がダメになるよりは、良かったんじゃないかと思います。

もっと、大人たちが、『根本的に、何が悪いのか?何を変えないといけないのか?』を真剣に考えてほしいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。