老後は住むところさえあれば生きていけるかも。思ったほどお金は使わない。

 

こんにちは。たかです。

『老後2000万円不足問題』で、お金の心配をしている方も多いんじゃないでしょうか?

まあ、僕もその一人です。

僕は、会社を2019年3月末で退職したんですが、その前に、ライフプランシートを作成しました。

その結果、70歳までは生きていけると確信しましたので、退職に踏み切ったわけです。

じゃあ、70歳以降はどうするのか?

それはですね。

年金だけで生きていこうと思っています。

僕の予想では、夫婦で月に13万円くらいは、もらえるんじゃないかと思っています。

『はぁ?』

『そんな年金額で生きていけるわけないだろ!』って思う方がほとんどですよね。

そうかもしれません。

でも、そうでもしないと、会社を辞めることが出来なかったんですよね・・・

これ以上会社にいたら、病気になりそうでしたし。

お金が無ければ、その年金の範囲内で生活するしかない。

現状の僕の計画では、老後破綻へ、まっしぐらって感じです。

今日、こんな記事を見ました。

『年金生活の先にあったのは“理想とかけ離れた老後”』です。

どんな内容だったか?

年金額は4万円?

この記事に登場する女性は、年齢66歳で、旦那さんは亡くなられています。

ビックリなのは、この方の年金額です。

2か月で、79,000円です。

ってことは、1か月で約4万円弱ってことになります。

これじゃあ、生活なんか出来ませんよね。

ですので、生活保護を受けていらっしゃるんですが、それでも月に11万8,500円なんだそうです。

ん~、僕の想定している年金額よりも少ないですね。

生活費はいくらかかるのか?

この方の1か月の家賃や食費、光熱費などでかかる支出ですが、11万4,500円だそうです。

ほとんど、自由に使えるお金はありません。

ただ、生きているだけって感じでしょうか。

ですが、よく記事を読んでみると、不思議な事に気がつきました。

この方、電気やガスの使用は、かなり節約されています。

ですので、おそらく、光熱費は月に1万円くらいじゃないでしょうか?

さらに、食費は月に2万円でやっているようです。

ってことはですよ。

残りは、家賃ってことになります。

11万4,500円ー1万円ー2万円=8万4,500円ってことでしょうか?

家賃が安ければどうだろうか?

僕が山口県で単身赴任していた家は、家賃6万円でした。

新築のアパートだったんですが、ちょっと、立派すぎるくらいでした。

田舎のアパートに行けば、もっと安く住めるんじゃないでしょうかね?

ですので、この方も家賃を安くすれば、余裕で生きていけるんじゃないですかね。

田舎に行って、ゆっくりするのもいいかもしれませんし。

さらに、持ち家であれば、月に5万円もあれば生きていけるかもしれません。

夫婦2人で月10万円生活も、不可能なことでは無いような気もします。

贅沢しなければの話しですが・・・

最後に

妻には、『出来れば、月に15万円以下で生活できるようになりたい』と話しています。

現在、かなり近い感じにはなってきました。

ですが、妻も僕も、窮屈な生活をしているような感覚はありません。

金融庁は、『老後に26万円かかっている』と言っていましたが、我が家の場合は、『必要な無いな!』って感じです。

それよりも、イヤな事はやらずに、自分の時間を自由に使って生きていきたいと思います。

欲を言えば、数万円でも稼げたら、気持ちに余裕が出来るんですがね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。