おっさん社員招集される。会社にどうやって貢献するか?だって。

 

こんにちは。たかです。

ほんとに、会社って、面倒な事を次から次に繰り出してきますね。

よほど、暇なんでしょう。

今回は、『会社にどう貢献するか?会議』です。

しかも、選抜メンバーが、アラフィフです。

人数は、10数名でしょうか。

要するに、『おっさん達、会社の為に何してくれるの?』って事です。

『あなた達、会社にぶら下がったらダメよ』って事でしょう。

この名誉ある会議に、僕も、選出頂きました。

会社から見ると、『ぶら下がり社員』なんでしょう。

完全に、バレてますね。

そおらく、会社は、この続きを考えていると思います。

『貢献できないんだったら、会社、辞めてもいいよ』って。

そりゃ、そうですよね。

若い社員を雇った方が、生産性高いです。

でも、国は、70歳まで働けって言ってますけどね。

現実は、厳しいものがあります。

まあ、僕は、辞めるわけですから、どうでも良いです。

僕なりにどうやって貢献するかを考えました

答えは、簡単でした。

みなさんも、お分かりだと思います。

そうです。

年よりは、辞める事です。

そして、会社は、残り年数分のお給料を、全額払う。

たとえば、50歳の社員には、残り10年分のお給料を、全額払うんです。

そうすれば、年寄りのほとんどは、いなくなります。

会社も、いろんな経費を払わなくてよくなるので、長い目で見れば、得するわけです。

しかし、年寄り社員でも、会社として辞めてほしくない人もいるでしょう。

その人だけ、引き止めればいいわけです。

僕のような、ザコ社員は、一掃できます。

どうです?

この案。

年金額は減りますが、生涯年収は、ある程度確保されますよね。

なんか、脱線してしまいました。

という事で、一番、会社に貢献しているのは、僕自身じゃないかと思っております。

本気で会社は社員を切ろうとしている

なんで、今頃、こんな会議をするのか?

不思議に思いました。

ですが、これも、社員切りの1つの方法だと思います。

この会議に出れば、『如何に自分が会社で役に立ってないか』とか、『如何に、おじゃま虫なのか』が、分かると思います。

おそらく、その後に、『トントン、たかさん、分かったでしょ?そろそろ、この辺で、さよなら』みたいな感じで、通告されると思います。

最後に

でも、なぜ、僕がエントリーされたのか?

もしかしたら、まだ会社には、『僕、辞めます!』が伝わっていないのか?

ちょっとだけ、不安になりました。

上司には、『辞めます宣言』したんですけど・・・

いずれにしても、鼻でもほじりながら、会議に出てみたいと思います。

僕の案は、提案しませんけどね・・・

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

【中古】 校長先生、企業を救う 4つの学校を再生し、3つの会社のV字回復に貢献した敏腕校長が教える組織再生術 /長野雅弘(著者) 【中古】afb

価格:198円
(2018/11/15 15:32時点)