『私どもの考え方は結果主義・・・』久しぶりに聞きたくないフレーズを耳にした

 

こんにちは。たかです。

大塚家具が、ヤマダ電機の子会社になりましたね。

創業者の勝久さんは、どんな思いなんでしょうか?

自分で立ち上げ、大きく育ててきた会社を、実の娘にとられた挙句、ヤマダ電機に売ってしまうとは・・・

ちょっと、庶民の僕には、想像つきませんね・・・

さて、先日の買収に関する会見の中で、ヤマダ電機の山田昇会長は、こんな事を言っていました。

『私どもの考え方は結果主義…でも、チャンスは与えないといけない』って。

この言葉、久しぶりに聞きました・・・

結果主義って

僕のいちばん嫌いなフレーズですね。

サラリーマン時代、僕は営業職だったので、常に結果を求められました。

数字、数字の毎日でした。

追いつめられると、やってはいけないことをする人もいましたし、精神が病んで会社に来なくなる人もいました。

そして、数字ばかり追っかけていると、結果的には、『数字が上がれば、何をしてもいい!』って感覚になるんですよね。

数か月前、かんぽ生命が、やっていたようなことになるんです。

結果ばかりを追いかけると、ろくなことになりません。

ですので、僕は、この『結果主義』という言葉は、好きになれません。

いちばん大事なのは、売り上げではなくて、お客さんなんですがね・・・

結果主義とは、それを、忘れさせてしまう悪魔の言葉だと思っています。

大丈夫か?

今回の会見で、山田会長は、大塚社長に結果を求めたわけです。

今までのような赤字続きの結果では、完全にアウトです。

ホントに、大丈夫なんでしょうかね・・・

ヤマダ電機とすれば、大塚社長が失敗すれば、クビにするだけでしょう。

そして、会社まるごと、乗っ取ってしまうだけです。

その後から、建て直しを図るんじゃないでしょうかね。

当然ながら、大塚家具の社員さんは、リストラされることになるでしょう。

ちょっとしたお家騒動が、多くの社員の人生を変えてしまうかもしれません。

とんでもない事になっていますね。

こんな世界はイヤだ!

もう、こんな結果を求められるような世界には、戻りたくないですね。

全然、楽しくないと思います。

ですが、雇われで働く限り、常に、結果を求められます。

結果を出すために、仕事をするのは、やりたくないですね・・・

バカみたいです。

結果主義のリーダーはなぜ失敗するのか (.)

新品価格
¥935から
(2019/12/13 16:00時点)

最後に

試されている大塚社長は、どんな気持ちなんだろうか?

勝算はあるんだろうか?

そんなことを思いながら、買収の会見を見ておりました。

そして、『絶対に、サラリーマンには戻らない!』と固く決意しました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。