残業が無くなり毎月赤字家計に・・・住宅ローンもある。どうやって生活するか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『32歳、新築で3500万円の住宅購入したものの、月60時間あった夫の残業がなくなり、不安です』です。

家を建てたものの、残業代が無くなり、収入が激減したみたいです。

コロナの影響もあって、こういったご家庭も多いかもしれませんね。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん33歳、奥さま32歳、2歳のお子さんとお腹の中に赤ちゃんがいるみたいです。

月の収入は、旦那さんが17万円、奥さまが13万円ですので、合わせれば、月に30万円ってことになります。

ボーナスは、年間で、137万円ほどあるみたいです。

世帯年収にしたら、約600万円強って感じでしょうか?

ちなみに、貯金は400万円ほどお持ちのようです。

支出は?

一方、支出は、こんな感じです。

・住宅ローン:10万5000円

・車両費:1万8000円

・食費:3万円

・光熱費:3万円

・通信費:2万5000円

・趣味娯楽:5000円

・教育費:2万8000円

・こづかい:4万円

・雑費:1万円

・保険料:4万7000円

合計すると、約34万円くらいになります。

月の収入は30万円ですから、34万円-30万円=4万円の赤字です。

年間では、4万円×12か月=48万円の赤字になります。

ボーナスは、クルマの維持費、固定資産税、家族の小遣い、雑費、生活費の補填などに使い、残った40万円を貯金しているようです。

さて、このような状況なら、みなさんなら、どうしますか?

僕ならこうする

まず、このままの状況でも、年間では40万円を貯金することが出来ます。

なので、赤字家計とは言えないかもです。

しかし、ボーナスが減ったり、無くなったりしたら、一気に赤字家計になってしまいます。

ボーナスに頼るのは、あまり良くないですよね。

そこで、僕なら、『保険料』をすべてカットします。

このご家庭の保険料は、こんな感じです。

◉夫/個人年金保険(60歳で10年確定、年金額60万円):月の保険料1万3000円

◉妻/生命保険(死亡・医療保険):月の保険料1万849円

◉妻/個人年金保険(60歳で10年確定、年金額63万円):月の保険料1万円

◉子ども/学資保険(満期金300万円):月の保険料1万3000円

これらの保険料をすべてやめれば、生活費は、こうなります。

34万円ー4万7000円=29万3000円になります。

すると、月の収入の範囲内で生活することが出来ますので、もし仮に、ボーナスがゼロになっても、生きていくことが出来ます。

このままボーナスが支給されるのあれば、ボーナスから生活費の補填も必要なくなります。

ってことは、年間では、48万円+40万円=約90万円を貯金することが出来るようになります。

個人年金保険の穴埋めは?

ここで、個人年金保険について考えてみたいと思います。

旦那さんは、月1万3000円を60歳まで払いこむと、60歳から年間60万円を10年間もらうことが出来ます。

要するに、600万円もらえるてことです。

これって、お得なんでしょうか?

今、旦那さんは33歳ですから、60歳まで、あと27年間も保険料を払い続けます。

これを保険会社ではなく、利回り3%のインデックス投資にまわしたら、どうなるでしょうか?

すると、60歳時点は、約650万円になっています。

もし、利回り5%だったら、約900万円になっています。

お金を増やすために個人年金にお金を払っているのなら、効率が悪いように思いますね・・・

なので、僕なら、すべての保険をやめて、ボーナスから半分の45万円を貯金し、残りの45万円をインデックス投資にまわしますね。

そうすれば、旦那さんが60歳になった時には、約3000万円の資産を築くことが出来ると思います。

最後に

今の時代、個人年金保険とか学資保険は、あまり魅力ありませんね・・・

もしやるのなら、外貨建てがいいと思います。

ただし、為替の影響を受けますので、その点は、覚悟しておかないといけませんがね。

今のように円安になったら、掛け金がUPしますからね・・・

僕も、ちょっとビビってます。。。

そう考えると、SP500のようなインデックスに、コツコツ積み立て投資するのが、最も安全なような気がします。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。