年金25万円で毎月赤字?退職する前に生活費の見直しは絶対に必要。

 

こんにちは。たかです。

今日もまた、『老後資金2000万円不足!』みたいなテーマで、テレビ番組をやっていますね。

先ほど、妻と一緒に朝ご飯を食べながら、テレビを見ていました。

その中に、ある定年退職されたご夫婦の生活費が、紹介されていました。

こういう取材って、よくありますが、何度見ても興味があります。

『今の高齢者って、どのくらいの生活をしているんだろうか?』って。

自分たちの生活費の参考にもなりますからね。

では、今回のご夫婦は、どんな生活だったでしょうか?

収入は月に25万円

今回、出演されていたご夫婦は、ご主人が教職、奥様は専業主婦のようでした。

ご主人は、教職の前に自営業だったり、企業に勤めたりしていて、いろんなところから年金をもらっているようでした。

奥様は、国民年金のみです。

ご主人と奥様の年金を合わせると、月に25万円もらっているとの事でした。

これを見て、妻が一言。

『これだけもらえれば、楽勝だね。今の我が家でも、おつりがくるよ!』ですって。

ん~、だんだん、頼もしくなってきました!!

僕も、月に25万円いただければ、軽く外食をしても生活していけそうです。

ところが・・・

なんと、このご夫婦、月に25万円では赤字なんだそうです。

なぜか?

支出は月に30万円

このご夫婦の月の支出額は、約30万円でした。

凄いですね。

もしかしたら、今の我が家の2倍は使っているかも・・・

そこで、またしても、妻が一言。

『何にそんなに使うわけ?今の高齢者って、いいよね!』って。

ホントに、僕も、そう思います。

旅行なんか、現役世代より、高齢の方の方が多いですからね。

高齢の方の方が、経済的に余裕があるんでしょうか?

では、支出の内訳はどうなっているのか?

食費

まず、目についたのが『食費』でした。

月に約6万円を超えていました。

ですが、テレビの中では、新聞の折込のチラシをみて、安売りの時に、食材なんかを買い出しに行っているみたいです。

余計なものまで買っているんですかね?

食費に関しては、2万円は削減出来そうです。

生命保険

次に、目についたのが『生命保険』です。

なんと、月の掛け金が、4万5千円です。

ちなみに、このご夫婦の年齢ですが、ご主人が79歳、奥様が73歳だったと思います。

この年齢で、生命保険に4万5千円も必要ですかね?

僕個人的には、すべて解約しても大丈夫だと思います。

ってことで、4万5千円削減出来そうです。

光熱費

お次は、『光熱費』です。

みなさんのお宅では、電気・ガス・水道代で、いくらくらいかかっていますか?

今回のご夫婦では、約4万円かかっていました。

夫婦2人ですよ。

しかも、エアコンは1台しか使ってないみたいです。

ん~、どう使ったら、こんなにお金がかかるんだろうか?

我が家の子供たち2人がいた時、4万円くらいかかっていましたが・・・

最低でも、あと1万5千円は削減出来そうですね。

娯楽費

最後に『娯楽費』です。

これは、高齢になって、旅行なんかにも行きたいでしょうから、仕方ないお金なんでしょうか?

このご夫婦は、約4万円を使っています。月にですよ。

そんなに、必要ですかね?

もっと、お金をかけずに楽しみって、見つける事も出来そうですが・・・

僕なんか、0円で魚釣りに行けます。

元気なうちに、お金をかけない娯楽を見つけておくことも、大事かもしれませんね。

ってことで、娯楽費は、1万円くらいは、削減出来ますかね?

最後に

ざっと見直してみると、全部で9万円は削減出来そうです。

そうなると、収入は25万円、支出は21万円になりますので、余裕で生きていけます。

まだ、4万円余裕がありますから、旅行にでも行けますかね。

今の高齢の方は、やっぱり、恵まれていますよね・・・

このご夫婦が、余裕で生活できる理由は、『家賃がかからない』ってことだと思います。

ですので、今後、国が無償で住宅を準備してくれれば、楽に生活できる高齢者が増えると思うんですが。

どうせ、住宅があまる時代になるわけですから・・・

おそらく、僕が年金をもらえるようになった時は、年齢は70歳でしょうし、年金額も15万円くらいになっているでしょう。

その範囲内で、生活が出来るように、今のうちからトレーニングする必要がありますね。

それさえ出来れば、年金が少なくなっても、貯金が無くなっても、なんとか生きていけそうです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。