ストレスが無ければ人は優しくなることが出来る。本来の人の姿かも。

 

こんにちは。たかです。

先ほど、妻とお花見に行ってきました。

満開になっている桜もありましたね。

全体的には、7分咲きってとこでしょうか?

結構、お花見の方もいらっしゃいました。

4月1日くらいが、満開になると思いますので、その時は、1人でビール片手に行ってみたいと思います。

これが、早期退職者の特権ですから・・・

ちなにみ、桜って、こんな感じでしたよ。

桜を見ながら、妻の職場の話しを聞いていました。

今の職場は、非常に落ち着いていて、職員さんの雰囲気も良いそうです。

みんな協力的で、仕事のスピードも速いそうです。

逆に、以前の職場は、かなり忙しかったらしく、人間関係も悪かったみたいです。

分からないことがあっても、他の人に聴くことも出来ない。

そうなると、ミスも増えてくるし、仕事も進まない。

この差は、何なんだろう?って、妻の話しを聞きながら、考えていました。

僕なりの答えですが・・・

ストレスが少ないと人にやさしくなれる

僕が勤めていた会社でも、同じことがありました。

売り上げ数字が良い事務所は、雰囲気がすごくいいんです。

売り上げが良いと、変なストレスをかけられることがありません。

上司だって、ご機嫌な時が多いですし、変な書類を書かされることも少なくなります。

逆に売り上げが悪いところは、人間関係が良くない。(雰囲気が悪い)

売り上げが悪いと、上司は機嫌が悪いし、無駄な書類が増えてきます。

そうなると、みんなにストレスが溜まって、ちょっとしたことで、いがみ合いになります。

結果として、非協力的なんですね・・・

まあ、売り上げが良いから、人間関係がいいのか?

それとも、人間関係が良いから、売り上げがいいのか?

ニワトリが先か、たまごが先かっていうことにもなりますが、いずれにしても、ストレスが少ない方が、雰囲気は良くなるんじゃないかと思います。

雰囲気が良いていうのは、みんなが、『やさしくなっている』って事だと、僕は解釈しています。

間違っているかもしれません。

日本でいちばん幸せな社員をつくる!“やさしさ”を大切にしたら、人も組織も生まれ変わった【電子書籍】[ 柴田 秋雄 ]

価格:1,404円
(2019/3/30 15:30時点)

人間本来の姿ではないか?

人を思いやるやさしさとは、人間が本来持っているものだと思います。

ですが、ストレスフルな毎日を送っていると、人の事にかまっていられません。

自分のことで精一杯です。

少しでも、無駄なストレスから解放してあげれば、人はやさしくなれるんじゃないかと思うんです。

そうすることで、協力的になりますし、会社としては生産性も上がるんだと思います。

最後に

僕は、会社を早期退職してから、ストレスがかなり少なくなりました。

今まで気がつかなかったことに気がついたり、人の事に興味を持ったり、いろんな良い面が出てきています。

まだまだ、行動にまで結びついていませんけど。

これからは、道路のごみ拾いを始めてみようかと思っています。

最近、道路に捨ててあるごみが、気になり始めました。

僕は、今まで、植え込みの中のゴミなんか、気がつきませんでした。

そんなことより、会社の売り上げを上げることを、優先していたんです。

これって、当たり前かもしれませんが、間違っていたんじゃないかと、自分自身、反省をしているところです。

これからは、少しでもいいので、正しいことをやっていきたいと思っています。

またしても、変なことを書きました。すみません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。