就職先を自分で決めることが出来ない子供はかわいそう。安定なんかないのに。

 

こんにちは。たかです。

みなさん、『オヤカク』ってご存知ですか?

お恥ずかしながら、僕は、知りませんでした。

オヤカクとは、『就職内定者の親に、企業が入社意向を確認すること』なんだそうです。

僕が会社に就職したのは、約26年前ですが、そんなのありませんでしたね。

僕の親なんて、どこに就職内定をもらっているか知りませんでしたから・・・

最後の最後に、『○○会社に就職するね!』って伝えただけです。

今は、親に反対されると、内定を辞退してくる学生がいるんだそうです。

もう、ビックリですね。

親の意向とは?

就職する子供への親の希望ですが、こんなものがあるんだそうです。

①遠くに行ってほしくない

②介護してもらえる距離にいてほしい

③福利厚生が充実した会社に入ってほしい

④親が職種を選ぶ

などなど。

ある程度、親の意見を取り入れるのは良いことだと思いますが、親の意向が決定打になってはいけませんよね。

我が家の息子も就職していますが、こんな事がありました。

息子は、地元(福岡)での就職を希望していました。

その理由を聞いてみれば、『福岡しか知らないから』『他県は不安だから』でした。

そこで僕は、『福岡以外を知るいい機会かもしれない』『福岡の会社に就職しても、職場は福岡とは限らない』と話していました。

結局最後は、自分で県外の会社を選定して、内定をもらっていました。

今では、楽しそうに仕事をしているようです。

親の意向で決めるデメリット

これは、僕の考えなんですが・・・

もし、仮に、自分が行きたい会社があったけど、親の意向に沿う会社に就職したとします。

その会社で、うまく仕事ができない、人間関係がうまくいかない。

そうなった時に、子供は、こう考えるんじゃないかと思うんです。

『親の言った通りにしたから、こんな事になった』

『ホントに行きたかった会社に就職していれば、こんな事にはならなかったはず』って。

責任を、親に擦り付けてくるような気がするんですね。

就職してから、順風満帆にはいきませんからね・・・絶対に。

こうなると、まったく楽しくありません。

どこに行っても同じ

僕は、こう思います。

サラリーマン生活は、約40年間続きます。

今後は、もっと長くなるでしょう。

その間、会社も変化します。

就職活動をやった時とは、会社も変わっているわけです。

ってことは、最初は良くても、数年後には、意に沿わない会社になっている可能性があるわけです。

だったら、最初のうちだけでも、自分の意に沿う会社に入ったほうがいいんじゃないですかね。

そして、イヤになったら、転職すれば良いだけです。

しかも、『終身雇用は、致しません!』と会社側も明言しています。

なので、これからの人は、どんどん、転職するべきですね。

最後に

今の時代、子離れ、親離れが出来ていない親子が多いようです。

僕が勤めていた会社にも、子離れが出来ていない方がいらっしゃいました。

いつも子供中心で、何から何まで親が手を出す。

『え~、そんなことまでやるの?』って思うくらいでした。

聞いているだけでも、気持ち悪くなってきます。

それを受け入れる子供の方も、どうかしています。

せめて、18歳を超えたら、自由にさせてあげたらどうでしょうかね?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。