貧乏アーリーリタイア。3月の家計簿はどうだったか?見るのもおそろしい。

 

こんにちは。たかです。

さて、3月も終わり、4月になりましたね。

我が家では、娘が通っている学校が休校になったので、3月は家族が1人増えたことになります。

よって、食費が増えているんじゃないかと、若干心配しております。

僕のライフプランでは、月の生活費を15万円以内にすることになっています。

このくらいの生活レベルであれば、将来、年金生活になっても、年金の範囲内で生きていけると思っています。

では、3月はどのくらいお金がかかったでしょうか?

3月の家計簿です

こんな感じでしたね・・・

・食費:36,156円

・生活雑貨:25,776円

・被服費:6,774円

・娯楽費:5,430円

・医療費:403円

・通信費:13,808円

・慶弔費:6,000円

・光熱費:23,588円

・帰省費:23,000円

・ガソリン代:7,805円

・その他:5,400円

合計すると、154,140円になります。

ん・・・15万円をオーバーしてしまいましたね。

ちなみに、2月は106,907円だったんですよね・・・

何がそんなに違うのか?

娘の影響か・・・

2月と比べてみると、こんな感じです。

《食費》

2月:28,546円

3月:36,156円

差額:+7,610円

《生活雑貨》

2月:19,327円

3月:25,776円

差額:+6,449円

《帰省費》

2月:0円

3月:23,000円

差額:+23,000円

《ガソリン代》

2月:0円

3月:7,805円

差額:+7,805円

これらだけで、2月よりも、3月は44,864円も多く出費しています。

やはり、娘が帰ってきてから、食費が増えていますね。

でも、月の後半は、かなり節約していたと思います。

だって、晩ごはんが、たこ焼きなんていう日もありましたからね。

それから、4月は、妻と娘が、妻の実家に帰省しますので、その分の旅費が3月に計上されています。

まあ、これは、仕方のない出費ですかね。

でも、コロナの影響もあるし、帰省できるのかな?

4月はどうなる?

さて、4月はどうなるでしょうか?

妻が4月の後半くらいから、娘と一緒に、実家に帰省します。

なので、食費などが、少なくなる予定です。

ですが、実家に帰れば、妻も友達もいますので、娯楽費が跳ね上がるかもしれません・・・

友達と飲みに行ったりするかもしれませんしね。

まあ、たまには、そんな時も必要でしょう。

それから、4月は、息子が帰ってくる予定になっています。

彼女を連れてくると言っていたので、外食費がかかるかも・・・

でも、妻は同席しないかもしれません。

息子がイヤがっていましたからね。

そうなれば、その食事代は、僕のおこづかいから出すことになるのか?

それはそれで、困ったことになるなぁ・・・

正しい家計管理

新品価格
¥1,378から
(2020/3/30 09:39時点)

最後に

3月は、若干ですが予定の15万円をオーバーしてしまいました。

でも、まだ許容範囲ですね。

このくらいで生活出来れば、年金生活になっても、公的年金と生命保険の解約金で生活出来そうです。

いまのところ、生活レベルを上げるようなことはしていません。

旅行にも行っていませんし、お金のかかる趣味もしていません。

ですが、毎日、楽しく生活出来ています。

妻は、どう思っているか分かりませんが・・・

4月も、できるだけ、贅沢しないように生きていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。