パワハラが起こる原因は?同僚だって、信用できませんよ!

 

こんにちは。たかです。

みなさんの職場で、パワハラはありませんか?

僕は、何度か経験したことがあります。

といっても、僕パワハラを受けていたわけではありません。

同じ事務所にいた同僚が、パワハラを受けていたんです。

あまりにもひどい時には、会社に訴えて、上司を変えてもらったこともあります。

では、なんで、パワハラをするんでしょうか?

僕には、さっぱり分からないんですが・・・

こんな記事を見つけました。

『パワハラが起こる3つの原因 日本企業は変われるか』です。

さて、パワハラが起こる原因とは、何なんでしょうか?

幼少期の育てられ方が厳しい

僕が遭遇したパワハラをする上司が、これに当てはまります。

子供の頃、父親から厳しく育てられ、何ごとも完璧でないといけない。

ナンバーワンにならなければいけない。

こんな風に、考えている人だったんです。

こういう人って、たしかに、仕事が出来る人が多いです。

自分にも厳しいんですが、他人には、もっと厳しいタイプです。

『お前は、なんで、こんな事も出来ないんだ!』って、怒鳴り始める人ですね。

厄介なのは、仕事が出来る部下は、こういう上司を崇拝する傾向があるんです。

なので、上司派、非上司派みたいな感じで、社員が分裂してしまう事もあるんですね。

自分が出世したいだけ

こんなタイプもいました・・・

単に、自分が出世したいだけなんです。

部下の育成なんか、どうでもいい。

自分が上司の時だけ、売り上げが上がればそれでいい。

ですので、部下の尻をバシバシ叩いて、仕事をさせる。

簡単に言えば、『恐怖政治』を引いてしまうんですね。

実績を上げられなかったら、人前で叱責することなんか、へっちゃらです。

人格否定なんか、当たり前のようにやりますからね・・・

両方の上司に遭遇した

僕が、会社を退職する前の上司は、この2つの要素を併せ持つ人でした。

まあ、なかなか、いませんよ~。

もう、人間とは思えません。

過去に、何度もパワハラで訴えられているにもかかわらず、降格されない。

ボロな会社ですね。

同じ事務所の同僚の約半分が、精神的におかしくなりました。

人前での叱責が、非常に多くて、最後に必ずこう言うんです。

『お前は、まったく会社にも俺にも貢献していない!いなくなってもいいんだ、お前みたいな社員は!この給料どろぼうが!』って。

対策は

ひとつしかありません。

自分に影響の及ばない、離れた場所に飛ばしてしまうことです。

まずは、『現場を押さえる事!』が絶対条件です。

録音をすることですね。

パワハラの証拠が残っていれば、会社に訴える事も出来ますし、弁護士や役所に相談することも出来ます。

そして、ひとりで戦ってはいけません。

同僚の中でも、裏切りそうにない人たちと、多人数で訴えた方がいいです。

ですが・・・

裏切るんですよね。

突然、上司が怖くなって、同僚を売ったりしますから。

ホントに、信じられませんよ。

僕も、1回だけ、同僚に売られたことがあります・・・悲惨でした。

気を付けてくださいね。

まあ、大人だって、強いものに服従するんですから、小学生のいじめが無くならなくっても、不思議ではありません。

最後に

パワハラのある職場では、いいアイデアなんかは、絶対に出てきません。

この記事の中にも、こんな事が書いてあります。

『グーグル社が、成功するチームの構築に最も重要な要素が「心理的安全性」だったと発表した』って。

いろんな意見を、安心して出しあえる環境が必要なんだと思います。

過去に、いい上司に出会ったこともあります。

やはり、その時は、事務所内での居心地もよく、社員同士の関係性も良かったですね。

売り上げも良かったですし。

まあ、こんな最高な職場環境って、なかなかありませんけどね。

30代・40代でサラリーマンをされている方は、パワハラにはお気を付けくださいませ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。