パワハラや過労死から自分を守るためにはこれしかない。

 

こんにちは。たかです。

これだけ、パワハラや過労死が問題になっているのに、未だに、事件が起こるのは、なぜなんでしょうか?

今、国会議員が秘書の方に対するパワハラで問題になっています。

かなり、悪質だと感じています。

密室になる車の中で、暴言や暴行が繰り返される。

秘書の方は、毎日、つらい思いをされていたと思います。

そんなパワハラをする国会議員を辞めさせることが出来ないのも、残念でなりません。

さらには、過労死で自殺する方も、あとを絶たないようです。

もう、追い詰められて、死ぬしかないと思ってしまうんでしょうね。

なぜ、そこまで、人を追い込むのか?

僕には、まったく理解できません。

パワハラを見て思う事

僕は、会社で働いていた時に、パワハラしているのを何度か見かけました。

僕自身が、パワハラを受けたことはありません。

ですが、パワハラを受けているところを見ているだけでも、精神的なダメージを受けるものです。

普通の感覚を持っている人ならば・・・

だんだんと、職場に行くのもイヤになりますし、働く意欲も無くなります。

僕が思うには、パワハラをやっている人は、強い口調や、暴力でしか、人を動かすことが出来ない人です。

ですので、自分がパワハラをやっていることに気がついていません。

『これが、オレの部下の指導法だ!』くらいにしか、認識していないわけです。

やり方が、古いんですね。

なので、こういった人は、即刻、その社会的地位をはく奪しないといけません。

じゃないと、犠牲者は、次々に出てきますからね。

パワハラする人を排除した経験を『パワハラを受けたら見たら勇気を出してやる事』に書いていますので、ご興味あれば、読んでみてください。

過労死もパワハラの一種

過労死だって、好きで長時間働いているわけじゃありません。

仕事が好きで好きで長時間やっているのなら、死を選ぶことなんかしません。

イヤイヤやらされているから、こうなるんです。

しかも、無茶な仕事を振られているケースばかりです。

『この期日内に、これだけの仕事をやれ!』みたいな。

そもそも無理な事をやらせておいて、出来なかったら、異常なほど叱責をする。

そうやって、だんだんと追い込まれていくんだと思います。

僕は、過労死とパワハラはセットになっていると感じています。

どうやって被害に遭わないようにするか?

一番良いのは、『雇われる仕事をしない』ってことです。

自分で仕事をしているのであれば、上司はいません。

そうなれば、まず、パワハラを受ける事はありませんからね。

これが、僕が『雇われる仕事をしたくない』って言っている理由のひとつです。

『雇われる仕事』をしている限りは、パワハラとまではいかなくても、理不尽な叱責をされたりすることは、よくあります。

サラリーマンとは、つらいものですね・・・

最後に

社内の人間関係で悩んでいる人は、かなり、いらっしゃるんじゃないでしょうか?

上司だったり、同僚だったり・・・

いい人ばかりの職場って、そんなに無いですよね。

僕が早期退職してから感じることは、『人間関係で悩まなくなった』ってことです。

そりゃ、悩みませんよね。

だって、人に会わないんですから。

悩みようがありません。

でも、この種の悩みが無くなると、非常にご機嫌に生きていけます。

反面『今日は、だれとも話さなかった・・・』なんて、さみしさを感じるかもしれませんが、人間関係のいざこざに比べれば、楽なもんです。

まあ、僕の場合はですけどね。

人間関係に疲れたら、ひとりで質素に生きていくことも、いいかもしれませんよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。