インフルエンザの予防法は?対策について書いてみます

 

こんにちは。たかです。

最近、ぐっと寒くなってきましたね。

周りで、風邪をひいている人って多くないですか?

僕の周りは、風邪ひきさんばっかりです。

移りそうで怖いです・・・

と言いながら、実は、社会人になってから、インフルエンザに罹ったことがありません。

『ワクチンとマスクをしているんだろ!』って思われるかもしれませんが、ワクチンすら打っていません。

マスクは苦手です。

口が臭いからですかね・・・

それでも、インフルエンザに罹ることなく、生きております。

今日は、僕がやっている『インフルエンザ対策』について、書いてみたいと思います。

ほんとに、簡単な方法ですので、やってみてください。

歯磨きはこまめに

仕事柄、歯磨きをすることが多いです。

別に、ハブラシの営業をやってるわけではありませんよ。

営業職なんで、お客さんと商談の前には、はみがきをするようにしています。

口がくさいですからね・・・

今は、親知らずを抜きましたので、幾分いいような感じです。

気になる方は、『ドブ臭い親知らずを抜いたらこうなった 1日目』をご覧ください。

僕の、悪戦苦闘の日々が綴られております。

脱線してしまいました。

はみがきは、1日に5~6回はやっています。

なぜ、はみがきがいいのか?

口の中には、たくさんの細菌が住み着いています。

その中でも、ブドウ球菌っていう菌が、あるタンパク質を出します。

そのタンパク質が、インフルエンザウイルスが、体の中に入るお手伝いをしているんだそうです。

なので、歯磨きをして、口の中の細菌を少なくすれば、タンパク質も減るので、体の中にインフルエンザウイルスが、侵入しにくくなるって事です。

実は、先日、歯医者さんに教えてもらった話です。

その他の対策は?

無意識にやっていたことがあります。

それは、『飲水』です。

僕は、あがり症なんで、お客さんと会った後、口の中がカラカラによくなります。

なので、無意識に水を、ちょこちょこ飲んでいたんです。

冬場でも、500mlのペットボトルを2本くらいは、いつも飲んでいます。

これが、良かったみたいです。

水を飲むことで、気道が潤されて、インフルエンザウイルスが侵入しにくくなるんだそうです。

さらに、水を飲むことで、胃までインフルエンザウイルスが入っていきますので、胃酸で殺してしまうようです。

マスクは?

マスクって、よくしてますよね。

ですが、あれって、あまり予防にはならないんだそうです。

厚生労働省のHPに書いてありました。

でも、やらないよりは、やったほうが良いみたいですけどね。

マスクって、予防するっていうよりも、自分がもっているインフルエンザウイルスを、ばら撒かない効果があるみたいですよ。

だから、病院にお見舞いなんかに行くと、『マスクをしてください』って言われるんですね。

最後に

インフルエンザって、きつそうですよね。

この何十年も罹ってないので、忘れてしまいましたが・・・

これから、冬本番です。

インフルエンザも、流行してくるでしょう。

出来れば、罹らない方が良いです。

騙されたとおもって、今年の冬は、『はみがき』と『飲水』をやってみてください。

少しでも、予防できればうれしいです。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。