公用車にテスラのEV車って必要なのかな?金銭感覚がおかしいんじゃない?

 

こんにちは。たかです。

日本には、いろんな人がいるんですね・・・

あまりにも、常識はずれなんで、ブログに書いておこうかと思いました。

どんな事が起こったのか・・・

テレビで知った情報なんで、不足していることも多いですが、ご容赦ください。

公用車に高級テスラEV車

千葉県の市川市の市長と副市長の公用車として、テスラ製の高級車2台を導入しようとしていたようです。

1台は既に納車されているそうで、車両価格1,110万円もする高級車だそうです。

ただし、今回はリース契約のようで、月の費用は約14万円で、期間は8年の契約らしいです。

ですが・・・8年もリースしたら、約1,300万円もかかってしまいます。

どうかしてますよね・・・

流石に、市民や議会から批判が出ているようです。

当たり前です。

市川市は、低炭素社会の実現をアピールするため、EV車の導入を決定したみたいですが、テスラじゃなくてもいいですよね。

リーフでもOKだと思うんですが・・・

さらに、もっとおかしなことを言っています。

それは・・・

自分の給料から補填する

テスラの前の公用車は、『クラウン』だったそうです。

クラウンでも、十分、高級車ですよ。

そのクラウンのリース料が6万円だったらしく、テスラとクラウンの差額分を、自分の給料から補填すると言っているそうなんです。

その差額は、約8万円です。

市長って、いくら、月給もらっているんですかね・・・

っていうか、差額を払えばいいっていう問題じゃないんですが。

その辺りが、理解できていませんよね。

8年も市長やるつもり?

このテスラは8年契約と聞きました。

ってことは、この市長さんは、8年もやる気だったんですかね?

途中で解約すれば、無駄にお金を取られるだけですよね。

しかも、そのお金は『税金』です。

とはいえ、既に1台は契約して納車されていますので、後戻りは出来ないでしょう。

しかも、この市長さんは、再任される可能性は限りなく低いでしょうから、税金が無駄に使われることは確定なんじゃないでしょうかね。

公用車は軽自動車で十分

会社でも、偉い人には公用車が用意されていました。

はじめは『クラウン』でしたが、そのうち『プリウス』に変わりましたね。

そして、僕が退職する数年前に、ついに公用車は廃止されました。

どんなに偉い人でも、電車を使っていましたし、交通の便が悪い時だけ、タクシーを利用をしていたようです。

民間企業とは、そんなものです。

市長さんだからといって、贅沢をしてはいけませんよね。

税金なんですから、慎重に使ってほしいものです。

最後に

バカげたニュースを目にしたので、書いてみました。

世の中、お給料が上がらなくて、疲弊している人がたくさんいるのに、贅沢三昧の政治家がいると思うと、ガッカリします。

やっぱり、政治家のお給料は、年収400万円くらいにすべきです。

そしたら、庶民の感覚が分かるんじゃないでしょうか?

消費税が上がったら、生活費がどうなるのか・・・

年収、何千万円も貰っている人には、まったく想像できないと思います。

ちょっと、感情的に書いてしまいました。

すみませんでした。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。