公的年金が5~10万円になったら、70歳の時にいくらあればいのか?

 

こんにちは。たかです。

ネットで、こんな記事見ました。

『日本人の「長寿化」がもたらす楽観できない未来』です。

その中に、公的年金の話しがありました。

今後、『公的年金が、5~10万円になることを覚悟しないといけない』って。

これって、1人当たりの話しなんでしょうか?

もし、そうであれば、夫婦で約10円~20万円ってことになります。

現在でも、公的年金の平均は、約22万円らしいので、もっと下がるんでしょうね。

仮に、夫婦で公的年金が10万円だったら、どうなるのか?

考えてみました。

1か月の生活費は25万円

現在の平均の夫婦2人の生活費は、約25万円だそうです。

内訳はよく分かりませんので、各ご家庭によって、違いはありそうです。

公的年金が月10万円だったとすれば、貯蓄から切り崩しは、月15万円になります。

年間で、約180万円です。

90歳まで生きたら・・・

70歳から90歳までの20年間で、貯蓄の切り崩しは、3600万円になります。

ってことは、70歳の時点で、3600万円持っていないと、その前に息絶えるってことですね・・・

さて、みなさんは、70歳時点で3600万円も貯蓄ありそうですか?

僕は、まったく、ありません。

2018年に金融広報中央委員会が発表したデータでは、60代の平均貯蓄額は、約1850万円だそうです。

さらに、1800万円ほど貯蓄しないと、足りませんね。

60代になってから、そんなに貯蓄を増やすなんて、無理ですよね・・・

仕事もあるかどうか分からないのに。

ちなみに、60代で、3000万円以上の貯蓄がある方は、18.6%という数字が出ています。

残りの約80%くらいの方は、貯蓄が足りないってことですね・・・

生活費を15万円に出来たら・・・

もし、生活費が、月15万円に出来たらどうでしょうか?

公的年金が、月10万円でも、貯蓄からの切り崩しは、5万円で済みます。

年間で60万円、20年間で、1200万円です。

70歳の時に、1200万円あればいいわけです。

これなら、どうでしょうか?

今の60代の方の貯蓄を、そのまま減らさずに持ち込めれば、生きてけます。

60代も仕事をして、夫婦で、生活費15万円稼げればいいんですね。

ちょっとだけ、現実味がありそうです。

絶望的・・・

僕の場合は、絶望的であります。

僕が作成したライフプランシートによれば、70歳時点で、お金が無くなることになっています。

その後は、公的年金のみで生活する予定です。

これがもし、月に10万円になれば、生きていくことは不可能ですね。

生活保護を受けたほうが、いいかもしれません。

最後に

こんな計算をしていますが、まったく、働こうという気が出てきません。

働くのがイヤなんじゃなくて、『雇われない働き方』で、生活費を稼ぎたいと思っています。

ですが・・・まったくもって、希望の光は見えず。

まあ、まだ無職生活も始まったばかりですので、前向きに考えたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。