仕事を辞めたい。なぜ、辞めたいのか?その正体はこれらしい。

 

こんにちは。たかです。

僕は、会社の仕事がイヤになったので、会社を辞めました。

仕事をする自体ことが、イヤなわけではありません。

勤めていた会社でやっていた仕事が、イヤになったんです。

では、なぜ、会社の仕事がイヤになったんでしょうか?

今日、こんな記事を見つけました。

『「仕事辞めたい、でも辞めるのコワイんです」。心理学ブロガーの答えは「まず、動きが楽しいかを考えよう」』です。

ちょっと、タイトルが長いんですが、中身を読んでみました。

その前に、心理ブロガーって、何なんでしょうね?

初めて聞きました。

仕事の何がイヤなのか?

みなさんも、『仕事つまらない』『仕事を辞めたい』『転職したい』って考えたことが、あるんじゃないでしょうか?

僕は、『仕事つまらない』『仕事を辞めたい』『自由になりたい』って思っていました。

そんな時って、なぜ、そう思うんでしょうか?

原因は、何なんでしょうかね?

この記事の中では、こう書いてあります。

『仕事は「動き」と「人間関係」と「環境」の3つに分けられる』って。

この3つに不満が生じれば、『仕事つまらない』『仕事を辞めたい』『転職したい』などの思いが湧いてくるんだと書いてあります。

では、この3つは、具体的にどんなことを指しているんでしょうか?

『動き』とはなにを指すのか?

『動き』とは、その仕事内容のことですね。

たとえば、漫画家であれば、『漫画を描く』ことです。

僕は、営業マンでしたので、『人に会って、物を売る』ってことですね。

僕の場合、営業をすること自体は嫌いではありませんでした。

人に会うのも嫌いではありませんし、売り込みをするのも、嫌いではありません。

なので、僕が会社の仕事をイヤになった理由は、『動き』ではなさそうです。

『人間関係』とはなにを指すのか?

これは、そのままですね。

職場の人間関係のことでしょう。

上司や同僚、あるいは部下もそうかもしれません。

上司からのパワハラなんかを受ければ、会社を辞めたくなる気持ちも分かります。

実際に、辞めた人もいました。

上司ばかりではありません。

同僚からのいじめで、鬱になった方もいます。

逆に、部下が言う事を聞かなくて、精神的に病んでしまった上司もいました。

人間関係は、難しいですよね・・・

まあ、無視しておけばいい環境ならいいんですが、そうもいかない時もあります。

同僚と協力して仕事をしないといけないが、同僚の協力が得られないとか、無視されるとか。

こうなると、ホントに、八方ふさがりになりますね。

僕の場合は、これもあてはまりません。

『環境』とはなにを指すのか?

『環境』とは、年収であったり、就労時間や就労環境のことです。

どんなに楽しくても、お給料が安かったら、ガマンできなくなる人もいるでしょう。

漫画を描くことは好きなんだが、月の収入がまったく無い。

こんな状況であれば、『この仕事、辞めよっかな?』なんて、なるかもしれません。

あるいは、長時間労働なども、一つの要因になるかもしれません。

朝6時に出勤して、夜中2時に帰宅。

そんな生活になったら、流石に仕事を続けるかどうか、悩みますよね。

一時期、僕は、こんな環境で仕事をやってましたが・・・

最近は、働き方改革がすすんで、少しは良くなったかもしれません。

僕が会社を辞めようと思ったのは、この『環境』かもしれません。

とにかく、会社はいろんなルールを作ってきます。

その限られた狭い環境の中でしか、仕事をすることが出来ません。

自由が、ほとんどないんです。

しかしながら、営利企業ですので、売り上げは追及されます。

これに耐えられなかったんですね。

まったく楽しくない時間を、ただお金を稼ぐためだけに費やしている。

こんなことでいいんだろうか・・・・?

そして、限界に達した時に、『早期退職』を選択したわけです。

どこに不満がるのかを分析する

もし、『仕事つまらない』『仕事を辞めたい』『転職したい』って感じている方がいらっしゃれば、一度、分析してみてはいかがでしょうか?

その上で、『どう対処すればいいのか?』を検討したらいいと思います。

僕の場合は、仕事がイヤになった原因が、『環境』ですので、どうしようもありません。

仕事に対する、自分の考え方を変えればいいんですが、それが出来なければ、『環境』を変えるしかありません。

そこで、僕が出した答えは、『会社を辞めて、環境を変える』ってことでした。

最後に

誰しも、『仕事つまらない』『仕事を辞めたい』『転職したい』って、一度は考えたことがあると思います。

それは、仕方がありません。

ですが、それを引きずりながら仕事をするのは、良いことではありません。

もし、『動き』がイヤなのであれば、即刻、辞めた方がいいです。

もっと、自分に合った仕事があるでしょう。

楽しい毎日を過ごすためにも、自分を見つめなおす時間は、大事なことだと感じました。

では、僕の今の生活は、どうなんだろうか・・・

あとで、ゆっくり、考えてみたいも思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。