日本は世界幸福度ランキングで54位らしい。どう考えたらいいんだろうか。

 

こんにちは。たかです。

日本って、犯罪も外国に比べれば、少ない方だと聞きます。

僕は、海外に行ったことが、ほとんどないので、よく分かりません。

ですが、安全な国なんだと思います。

落とし物しても、見つかることが多いし、カバンから目を離していても、取られることなんて、ほんとんどありません。

生活面でも、『まったく、ご飯が食べれない』っていう人は、外国に比べれば、少ないのかもしれません。

経済的にも、恵まれている方なんでしょう。

でも、なぜ、幸福度が高くないんでしょうね?

別に、1位になる必要はないですが、もう少し、高くても良さそうです。

ネットを見ていたら、『幸福度が低い理由』を書いている記事を見ました。

日本は『~するべき』が多い

この意見には、僕は同感です。

今、大人になって、僕は、頭がかなり固くなっています。

そんな、僕みたいな石頭の人間ですら、『~するべき』が多いなって感じます。

仕事のやり方一つ取っても、『こうやったほうがいいんだ!』みたいな意見がよく出ます。

あるいは、『こうしなかったから、失敗したんだ』とか。

始めっから、『こうやるべきだ!』っていう雰囲気が強いんですね。

なので、チャレンジしない人が、増えたように思います。

失敗すれば、『ほ~ら、言っただろ。こうしたほうが良いって。』なんて言われることが多いです。

子供のころからそうだった。

子供のころから、『~するべき』は多かったですね。

学校の勉強も、答えは、いつも1つです。

国語のテストなんて、ひどいもんです。

国語の長文問題で、『作者は、なにを考えていたでしょう?』みたいな問題ありませんでした?

そんなの、分かりませんよ。

僕は、作者じゃないし・・・

しかも、答えは一つじゃないかもしれない・・・

そんな事を、僕はいつも思っていましたね。

だから、国語の点数は、かなり悪かったです。

それから、テストでいい点とって、高い偏差値の学校に行って、いい大学に入って、大企業に就職する。

この道が、『一番すばらしい。こうなるべきだ』って、周りから刷り込まれていたように思います。

まあ、僕の親は、全くそんな考えを持っていなかったので、助かったんですけどね。

日本は、『~するべき』が多すぎて、窮屈です。

自由に物を言えませんし、許容する度量もありません。

そんな、大人が増えているんじゃないでしょうかね?

みなさんは、どう思いますか?

最後に

僕は、『~するべき』をやめました。

『サラリーマンは、定年退職するまで、一生懸命働くもんだ。』

そんなの、捨てました。

定年まで働きませんし、一生懸命にもやりません。

ですが、『やってみたいこと』に関しては、夢中になってみたいです。

もう、僕には、無理して、『一生懸命』などは、ありえません。

苦労とか、努力とか、必要ないと思います。

『苦労している』とか『努力している』って、自分が感じたら、それは、僕には向いていないことだと判断します。

そして、楽しくなかったら、速攻でやめます。

こんな考えは、今の日本では、口が裂けても言えませんよね・・・

これが、幸福感が低い理由かもしれません。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。