熱が下がらなかった理由とは・・・免疫力を下げるある行動が原因

 

こんにちは。たかです。

昨日は、風邪と1日、戦っておりました。

僕の得意技で、熱を下げようとしたんですが、あまり効果がなかったんです。

得意技に関しては、こちらの記事をご確認ください。

たいしたこと、書いてませんけど。

ですが、こんなことは、珍しいんですよね。

もともと、38度5分くらいだったのが、僕の得意技で、37度8分まで、熱が下がりました。

まあ、下がってはいるんですが、効果はいまひとつです。

普通なら、36度台まで下がっていても、おかしくないんですが・・・

でも、今回、なぜ、下がらなかったのか?

免疫力がかなり落ちている

僕は、これが一番の原因だと思います。

そもそも、僕自身の免疫力が落ちているので、どんなに体温を上げて、ウイルスをやっつけようとしても、ダメだったんだと思います。

なので、今朝、熱は下がったのですが、いまひとつ、調子が良くないんです。

僕は、2日続けて風邪で調子が悪いなんて、ほとんど経験したことありません。

完全に、治りきっていないんですね・・・

なぜ、そんなに免疫力が落ちたのか?

やりたくない仕事を毎日やっている

絶対に、これだと思っています。

やりたくない仕事を、かれこれ、数か月はやっています。

そして、その集大成が、2月に行われるわけです。

僕にとっては、ストレスが2月に向けて、どんどん大きくなってきています。

しかも、その仕事を頑張ったところで、僕は3月に辞めてしまいますので、なんの評価にもなりません。

やる気も出ません。

ですが、仕事を中途半端に出来ない性格でもあるわけです。

僕は、このはざまで、苦しんでいるって、とこでしょうか?

普通にこなしていた仕事が億劫になる

もうひとつ、困ったことは、いままで、普通にやっていた仕事が億劫でなりません。

やりたくない。

特別、難しい仕事ではないんですが、なぜか、面倒に感じる。

ゴールが見えてきているので、気が緩み始めているんでしょうか・・・

あと少しなんですがね。

実は、今が、仕事やってて、一番きついです。

もしかしたら、これから、もっときつくなるのかな?

最後に

2月の大イベントが終わったら、適当に休みを入れていきたいと考えています。

週休3日とか4日とか。

引継ぎ事項とか、残務処理なんかあると思うんで、ガーっと休むより、ちょこちょこ休んだ方が、気持ち的にもいいかもしれません。

やりたくない事。

これは、絶対に、やってはいけないです。

短期間ならまだしも、長期間とか、毎日とか、絶対にやってはいけません。

体が壊れます。

そして、心が壊れます。

壊れてからでは、遅いです。

これから、『雇われる働き方』をするのであれば、『できること』、『苦痛ではない事』、『楽しい事』に限定していきたいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。