もう僕の再就職は無理だな。雇われない働き方を探すしかない。

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末で会社を早期退職しました。

ハローワークには通っていますが、求人を見ているだけで、就職活動はまったく行っていません。

しかし、今後、貯蓄が極端に減ってしまうような出来事が起これば、働かなければいけません。

はたして、僕は、再就職することが出来るんだろうか・・・

たまーに、そんなことを考える時があります。

今日、こんな記事を見つけました。

『早期退職する全ての人に共通するリスクとは? 「たっぷり割増退職金」には油断禁物』です。

まあ、僕の場合、『たっぷり割増退職金』はもらっていないんですがね。

さて、どんな内容だったか?

現実は厳しい

この記事に登場する方は、48歳の男性です。

早期希望退職制度に応募して、会社を辞め、転職活動をしてしるそうです。

25年勤めてきた会社では、かなりレベルが高い実績を上げて活躍してきたそうです。

この辺は、ポンコツサラリーマンの僕とは、全然ちがいますね。

希望年収は前職と同程度の900万円以上で、下がるとしても800万円以上は確保したいと言われています。

そんなことって、出来るんですかね・・・

僕なんか、300万円でもありがたいと思いますが・・・雇ってくれるだけ。

しかも、『残業は月間50時間よりは減らしたい』、『外回りの営業は経験がないので今さら無理』と、条件が厳しいです。

結果はどうなのか?

20社くらいに応募し、面接に進めたのは2社だけ。

未だに、再就職先は決まっていないようです。

やっぱり、48歳の転職って、厳しいんですね・・・

何が良くないのか?

実は、この男性、退職してから約10か月ほど、就職活動をしていなかったらしいです。

その気持ち、よーく分かります。

ちょっとくらい、休みたいですよね。

僕なんか、会社を辞めて、この4か月くらい何にもしてませんが、もっと、ゆっくりしたい気分です。

でも、これが、再就職には良くないらしいです。

企業は、合理的な理由がないまま、長く無業期間が続くことを、非常にネガティブにとらえるケースが多いらしいです。

やっぱり、会社を辞める前に、次に仕事を探しおかないといけないんですね。

再就職するくらいなら辞めなきゃいい?

この男性が、なぜ会社を早期退職したのか、理由を書いてないので分かりません。

もし、退職割増金に目がくらんで退職したのであれば、頭が良くないですね。

精神的に病んでいるとか、どうしても辞めたい理由がない限り、辞めない方がいいです。

今まで慣れ親しんだ会社にいる方が、新しい会社で働くより、断然、楽だと思います。

この年齢で自ら会社を辞めるのであれば、『雇われない仕事』をするか、『アーリーリタイア』じゃないですかね?


最後に

僕の場合、49歳で会社を辞め、4か月余り、就職活動をしていません。

しかも、これといった特技もありませんし、実績もありません。

そもそも、再就職する気がありません。

仮に、その気になったとても、その時には、会社に再就職することは、かなり難しいでしょうね。

今日、この記事を読んで、改めて再就職の難しさを感じました。

もう、自分で稼げるようになるしかありません。

月に10万円は稼げるようになりたいですね・・・

とはいえ、今の収入は、小学生のお小遣い程度なんですが。

まあ、気長にやっていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

【中古】 再就職・転職の必勝ルール 履歴書・経歴書・面接 /谷所健一郎【著】 【中古】afb

価格:198円
(2019/8/18 10:02時点)