早期退職したことを後悔するとしたらどんな時か?また、考えてみた。

 

こんにちは。たかです。

以前にも、同じようなことを書いたような気がします。

今回は、いろんな方のブログを読んで、『早期退職した後の後悔』について、考えてみました。

完全リタイアした方、セミリタイア(何らかの仕事をしている)した方のブログを、読みあさりました。

本音を書かれているかどうかは分かりませんが、共通した感想はこれでした。

後悔していない

この意見が一番、多かったですね。

僕も、こうなりたいです。

今の生活に満足している。

正確に言えば、『サラリーマン時代と比べれば、早期退職して良かった』っていう事です。

どんなことがあっても、もう、サラリーマン生活はしたくない。

いや、そんな生活は、出来ないって方が、多いです。

これには、僕も同感です。

僕も、今の会社を辞めたら、絶対に、サラリーマンとして働こうとは思わないでしょう。

一旦、自由な時間を満喫したら、窮屈な会社員には、戻ることは出来ないと思います。

どんなに、お給料が良くても、我慢することが出来ないでしょう。

後悔している

やっぱり、後悔する事あるんだなぁって思いました。

ですが、その理由は、僕の予想と反するものでした。

その理由とは?

早く辞めておけば良かった

辞めたことを後悔しているんじゃなくて、辞めた時期が遅かったことを、後悔されているんです。

『もっと、早くに、会社を辞めればよかった』って。

これには、ビックリです。

もっと、早くに辞めても、十分生活出来ることを、実感されたみたいです。

これから、早期退職しようとしている者としては、心強い感想ですね。

僕の場合、どんな時に後悔するだろうか?

早期退職された先輩方のブログを読みながら、考えてみました。

どんな時だろうか・・・

お金が底をつきそうになった時かな?

僕の予定(ライフプランシート)によれば、89歳くらいまでは、何とか、生きていけそうです。

ですが、結構、ギリギリの予算で予定を立ててますので、何かアクシデントが発生すれば、予定より早めにお金が無くなります。

年金も収入の中に入れています。

ですので、予定額より少ない受給額だったら、生活はできません。

さらには、インフレです。

これも、僕は、考慮していません。

どんな風になるか分かりませんからね。

ちょっと、無謀なライフプランですかね・・・

物価が上がったら、それなりに、節約するしかないと思っています。

お金が無くなった時、僕は、会社を早期退職したことを、後悔するかもしれませんね。

そう、ならないように、しなければいけませんが・・・

それ以外には無さそう

いろいろ、考えましたが、お金のこと以外には、思いつきません。

社会との接触が少なくなって、後悔する方もいらっしゃるようですが、僕には、当てはまらないように思います。

だって、社会との接触をしたいのであれば、仕事以外にも、やり方はあるんじゃないか?

ボランティアでも良いし、町内会の活動でも良いし、どんな形でも、社会との接触は出来ると思います。

あえて、サラリーマンに戻って、つらい思いをしてまで、社会との接触をする必要はないと感じてます。

まあ、僕は、1人の方が、精神的にも落ち着くんで、社会との接触はいりません。

最後に

なぜ、僕が、こんなことを考えているのか?

それは、『早期退職する事に不安』を持っているからです。

『ホントに、会社を辞めてもいいのか?』

『後悔しないか?』

それを、なんども、自問自答しています。

ですが、出てくる答えは、いつも、同じ。

『辞めったって、後悔はしないよ』って。

後悔するとすれば、それは、お金が無くなった時。

そうであれば、お金が無くならない様に、生きていけばいいだけ。

今日、再度、確認できました。

どうやったら、お金がなくならないか?

これを、今後、妻と考えていきたいですね。

まあ、その答えは出ているんですが・・・

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

『中古』「早期退職制」の損得を考える本―人生決断のバランスシート 先行15社のケースを読む!

価格:4,989円
(2018/11/10 15:17時点)