家の住み替えは注意が必要みたい。無理して売らない方が良い。

 

こんにちは。たかです。

僕が住んでいる家は、築26年の一戸建てです。

子供がいる頃は、ちょっと狭い感じだったんですが、夫婦2人だと、広すぎると感じるくらいです。

妻は、この家を売って、もっと都会にマンションを買いたいと言っています。

そうすれば、交通の便利もいいし、病院も近いしってことだと思います。

たしかに、そっちの方が、老後は便利かもしれません。

今日、こんな記事を目にしました。

『郊外の自宅を売って駅近マンションを購入した60代夫婦の大誤算』です。

まさに、僕らがやろうとしている事ですね。

さて、どんな誤算があるというのか?

登場するご家庭は?

旦那さん65歳、奥さま62歳、お子さんは、既に独立されています。

築40年の4LDKの中古一戸建てに住んでいます。

僕らと同じ考えで、駅近のマンションに住み替えを考えています。

このご夫婦の構想はこうです。

今の家を3500万円で売って、駅近で2500万円くらいのマンションを購入する。

差額の1000万円は、老後資金に充てる。

今の貯金は2000万円なので、合わせれば、老後資金を3000万円にすることができると考えたようです。

ところが・・・

家が売れない

実際には、3500万円では売れず、2500万円で売却してしまいます。

僕だったら、売らないかもしれませんね・・・

なので、当初の予定より、1000万円ほど老後資金が減ってしまったわけです。

そして、駅近に2000万円のマンションを購入します。

ですが、いろんな諸経費を入れると、2500万円くらいかかったみたい。

要するに、家の売却益はゼロになったってことです。

まあ、単純に住み替えたと考えれば、良いかもしれませんね。

しかし、予期せぬことが・・・

生活費が跳ね上がる

マンションでの生活費は、一戸建ての時より、上がってしまったらしい・・・

その理由って、何だか分かりますか?

マンションって、一戸建てと違って、管理費と修繕積立費がかかりますよね。

月に2~3万円くらいかかるんでしょうか?

もし、駐車場を借りたとしたら、さらにお金が必要になります。

福岡でも、3万円くらいはするんじゃないですかね?

ってことは、月に5~6万円ほど、一戸建ての時より、生活費が多くなるってことです。

年間にすれば、60~70万円くらいになるんですね。

仮に10年だと、600万円~700万円ってことになります。

たしかに、一戸建てもメンテナンス費がかかります。

ですが、駐車場代はかかりません。

しかも、10年に1回、外壁の塗り替えをしても、100万円くらいです。

屋根の張替えをしたとしても、300万円あれば、十分でしょう。

そう考えると、マンションの管理費・修繕費って、割高に感じますね。

最後に

『住み替えをしたい!』っていう気持ちになると、無理して家を売ってしまうんでしょうか?

このご夫婦も、家を売らずに住み続ければ、生活費を上げることはありませんでした。

老後資金は、2000万円しかなかったんです。

このマンションに20年住んだとしたら、管理費・修繕費等で、約1200万円くらいは払わないといけません。

だったら、戸建てに住み続けた方が良かったかもしれませんね・・・

我が家の場合、家を売っても、1000万円にもならないと思います。

なので、住み替えは、難しいでしょうね・・・

便利なところに住むのはいいですが、お金が無くなってしまっては意味がありません。

こまめにメンテナンスしながら、この家に住むしかないのかな・・・

まあ、雨風しのげれば、それで十分ですかね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。