結露防止のために窓をリフォーム?そんなお金ありませんけど・・・

 

こんにちは。たかです。

またしても(?)、妻がとんでもないことを言いだしました。

それは・・・

『結露がひどいんで、窓を変えようかと思って・・・』だって。

えっ?

そんなにひどいのか・・・

そう思って、ちょっと見てみました。

そしたら、こんな感じです。

たしかに、ちょっと、湿気にやられている感じはしますね。

でも、ここが一番ひどい場所なんです。

他の場所は、なんともありません。

この状況で、窓のリフォームって必要なんだろうか?

ってことで、ちょっと、調べてみました。

窓のリフォームって何?

僕の調べた感じでは、2種類あるようです。

ひとつは、ペアガラスという二重構造になった窓ガラスを使う方法。

もうひとつは、インナーサッシという、窓を2つつける方法。

見た目は、ペアガラスを使った方がスッキリしています。

インナーサッシの場合は、窓が2つありますので、窓を開ける時に、2つ開けないといけないってことになります。

まあ、どちらも、完璧に結露を防ぐことは出来ないみたいですが、普通の窓ガラスよりは、マシみたいです。

お値段は?

さて、お値段の方ですが、素材に関しては、ピンキリのようです。

しかも、工務店さんの工事費用によっても変わりますよね。

ネットで調べた限りでは、ペアガラスだと最低10万円から。

インナーサッシであれば、5万円から出来そうな感じです。

ところが、妻は、窓ガラス4枚をやろうとしています。

ってことは、インナーサッシを使ったとしても、最低20万円はかかることになります。

ん~、この無職家庭において、結露ごときで20万円も支払うのは、ちょっと厳しいですかね・・・

対策を提案

頭ごなしに『そんなお金はない!結露ごときで、お金は使えん!』なんて、妻には言えません。

そんなこと言ったら、『じゃあ、あんた働きなさいよ!』って言われそうですからね・・・

無職者の立場は、ひじょーに弱い。

なので、やんわりと、結露対策を提案してみました。

要するに、結露って、外気温と室温の差によって発生します。

もうひとつの要因は、湿度です。

ってことは、室温を出来るだけ下げて、湿度を下げればいいわけです。

そこで、僕が提案したのが、『除湿器』を使うことです。

換気をすればいいんですが、なかなか、真冬に窓を開けるなんて、出来ないものです。

除湿器であれば、ずっと、つけておけばいいだけですからね。

そしたら、妻が一言。

『まずは、見積もり見てからにしようか!』だって。

僕の話しは、まったく、聞いていませんでした・・・

二重窓 エコな簡易内窓キット M ホワイト W1800xH900ミリ以内

新品価格
¥12,168から
(2019/11/18 10:05時点)

最後に

今、数社の業者さんに、見積もりのお願いをしています。

その結果を見てから、リフォームするかどうか、決めることになりそうです。

でも、数万円で出来るような、リフォームでは無いような気がするんですよね。

なんとか、阻止しなければ・・・

でも、お金で喧嘩はしたくないですから、慎重に交渉したいと思います。

このところ、車の修理や羽毛布団のクリーニングなど、計画外の出費が続いています。

できれば、結露くらいなら、お金を使わず、人力でなんとかいしたいんですが。

まだ、妻の感覚は、僕がサラリーマンだったころと、変わっていないような気がします。

ちょっとだけ、不安になりました・・・

独身だったら、お金のコントロールって、簡単なんだけどな。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。