老後の賃貸生活って大変かもしれないな。家賃がかからないようにした方が良い

 

こんにちは。たかです。

僕は、築26年の家に住んでいます。

住宅ローンも終わり、メンテナンスは必要ですが、家賃は必要ありません。

ですから、月の生活費は安く抑えられています。

ですが、妻は、時々、こんなことを言いだします。

『老後は、この家と車を売って、都心部に住みたいね!』って。

まあ、高齢になれば、交通手段のいい場所に住みたいという気持ちはよく分かります。

でもなぁ・・・

立地のいい場所なら、かるーく家賃10万円は超えますからね・・・

そんな中、こんな記事を目にしました。

『定年で自宅を売り、賃貸に引っ越して“地獄”を見た夫婦の末路』です。

さて、どんな地獄を見たんでしょうかね?

登場するご家庭は?

築30年の持ち家に住んでいた70歳のご夫婦です。

収入は、年金のみ。

とはいえ、夫婦2人で20万円もらっているようです。

このくらいもらえるといいんだけどなぁ・・・

貯金は、60歳の定年時には、3000万円あったそうです。

ですが、海外旅行に行ったり、子供が家を購入する時に、頭金を出してあげたりしたそうです。

その結果、70歳前で、貯金が2000万円まで減ってしまったらしい。

ちょっと、生活レベルを上げすぎじゃないですかね・・・

このままでは、老後資金が足りなくなると思い、自宅を約2000万円で売却したそうです。

なので、70歳時点では、4000万円の貯金になったわけです。

ただし、家は失ってしまいましたが・・・

さて、これで、老後の生活は安心できるんでしょうか?

支出は?

このご夫婦は、自宅を売却し、家賃13万円の家に移り住みます。

家賃の中には、管理費1万円、駐車場代2万円が含まれています。

その他の生活費は、月26万円なんだそうです・・・

ん・・・家賃抜きで、26万円って、すごいですね。

なので、月の支出は、13万円+26万円=39万円になるんです。

ってことは、収入は20万円ですから、39万円ー20万円=19万円の赤字ってことになります。

年間では、19万円×12か月=約230万円の赤字になります。

貯金は4000万円ですから、4000万円÷230万円=約17年で貯金は底をついてしまうんです。

その時の年齢は、70歳+17年=87歳です。

ん・・・家を売ったからって、老後は安心とは言い切れませんね。

売却しなかったら・・・

もし、売却しなかったら、どうなったでしょうか?

月の生活費は26万円、年金は20万円ですから、月の赤字額は6万円です。

年間では、6万円×12か月=72万円ってことになります。

貯金は2000万円あったわけですから、2000万円÷72万円=約27年は生きることが出来ます。

ってことは、70歳+27年=97歳です。

ん・・・どう考えても、家は売らない方が良かったと思いますがね。

ちゃんと、計算したのかな・・・


最後に

やはり、『老後は支出を如何に抑えるか?』が大事になりますね。

できれば、家賃は払いたくないですね・・・

このご夫婦の場合、さらに、生活費を切り詰めれば、年金20万円で生活可能だと思います。

だって、家賃がいらないわけですからね。

そうすれば、貯金を切り崩すことはありません。

70歳時点で、2000万円の貯金があれば、不安になることなんかありません。

定年後、ちょっと、生活レベルを上げてしまったのが、間違いだったかもしれませんね。

どんなにボロでもいいので、家賃のかからない終の棲家を準備したほうが、僕はいいんじゃないかと思っています。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。