年始早々、家計簿報告。2021年12月度の家計簿をご紹介。

 

あけましておめでとうございます!

今年も、宜しくお願い致します。

年始早々ですが、昨年12月度の家計簿について書いてみたいと思います。

僕のライフプランでは、月15万円以内で生活することにしています。

これが実行出来れば、おそらくですが、老後破産することは無いと思っています。

でも、将来の公的年金とか、どうなるか分かりませんからね・・・

できるだけ、お金を使わない生活に慣れていきたいと思っております。

12月はこんな感じでした

・食費:36,478円

・生活雑貨:28,055円

・娯楽費:730円

・被服費:8,250円

・医療費:4,280円

・通信費:11,771円

・慶弔費:0円

・光熱費:21,311円

・帰省費:1,680円

・ガソリン代:6,000円

・自動車修理:0円

・その他:11,714円

合計すると、130,269円になります。

今月も、15万円以内で生活することが出来ました。

僕としては、このくらいで生活出来れば満足なんですが、先日、妻が家計簿を見ながら、こんなことを言いだしたんです。

『生活雑貨って、なんでこんなに多いんだろう?』

『何にお金使っているのかぁ・・・』だって。

そんなこと、僕に言われても分かりません。

だって、使っているのは、あなた(妻)なんですから・・・

計算してみると、我が家の場合、生活費に占める生活雑貨の割合は、約17%くらいあるんです。

ん・・・

ちょっと、多いですかね。

家計簿の変更

すると、妻から、こんな提案が・・・

『来年の家計簿は、生活雑貨を細かくしてみようよ!』

『今は、化粧品とかコンタクトとか、全部生活雑貨にしているから、分かりにくい』だって。

家計簿をつけはじめてから、約3年になります。

妻も、やっと家計簿の重要性を理解してくれたみたいです。

ってことで、2022年度の家計簿には、次の項目を追加することにしました。

『美容・コンタクト』と『ペット費』です。

昨年までは、これらは、すべて生活雑貨としてカウントしておりました。

これらを分けることで、どのくらい化粧品類にお金を使っているかが、分かるようになると思います。

最後に

明日は、2021年度の1年分の家計簿をご紹介したいと思います。

でもなぁ・・・

他の家の家計簿を見ても、おもしろくないですよね・・・

最近、ブログを書きながら、そんな風に思っております。

しかし、書くネタがないので、お付き合い頂ければ幸いです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。