52歳でリストラされた・・・まだ、働かないといけないのか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『52歳の夫がリストラされるかもしれません。貯金は2700万円あり、節約に努めていますが……』です。

どうやら、旦那さんがリストラされたみたいです。

ん・・・僕と同じような感じですね。

そんな中、奥さまは、こう言っています。

『今まで頑張ってきたので、もし退職となったあとはアルバイトでもいいと思っています』だって。

まだ、旦那さんをはたらかせるつもりなのか・・・

僕なら、もう、働きたくありませんがね。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん52歳、奥さま48歳、お子さんはいらっしゃいません。

旦那さんは、リストラされますので、お給料はゼロになります。

奥さまの月の収入は18万円、ボーナスは110万円あります。

貯金は、投資も合わせれば、約2700万円お持ちのようです。

公的年金は、旦那さん170万円/年、奥さま170万円/年って感じです。

おそらく、旦那さんの年金は、再就職しなければ、この額より減ってしまうでしょう。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住居費:6万円

・車両費:1万円

・食費:3万円

・光熱費:1万7000円

・通信費:2万円

・趣味娯楽:6000円

・こづかい:5万円

・雑費:1万円

・保険料:3万5000円

合計すると、約24万円くらいになります。

奥さまの収入は18万円ですから、24万円-18万円=6万円の赤字になります。

年間では、6万円×12か月=72万円の赤字になるわけです。

ボーナスからは、旅行や小遣い等で、ほとんど貯金できません。

さて、これから、どうやって生活したらいいでしょうか?

奥さま60歳まで働いたら?

仮に、旦那さんは無収入、奥さまは60歳まで働いたとします。

奥さまは48歳ですから、あと12年は働くことが出来ます。

ですが、奥さまが働いたとしても、毎年72万円の赤字が発生するわけです。

ってことは、奥さまが60歳までに、72万円×12年=864万円の赤字になります。

このお金を貯金から切り崩していきます。

すると、2700万円ー864万円=約1840万円が手元に残ります。

奥さまが60歳から65歳までの5年間は、貯金を切り崩して生活します。

そうなると、月の生活費は24万円ですから、24万円×12か月×5年=1440万円が必要になります。

奥さまが60歳時点の貯金は1840万円ですから、1840万円ー1440万円=400万円が残るわけです。

65歳以降は年金生活

65歳以降は、年金で生活します。

月の生活費は24万円ですから、年間では24万円×12か月=288万円が必要になります。

旦那さんと奥さまの年金を合わせれば、約340万円の予定です。

旦那さんの年金は減るでしょうが、それでも300万円は受給できるでしょう。

ってことは、65歳以降は、年金の範囲内で生活できるってことになります。

おそらく、旦那さんは働かなくても、生きていけると思うんですがね・・・

生活費の見直し

今の生活を継続しても、旦那さんはリタイアしても大丈夫だと思います。

ですが、より安全にリタイアするには、生活費の見直しをする必要があると思います。

仕事を辞めてしまえば、おこづかいなど必要ありません。

奥さまの分だけあれば十分です。

さらに、生命保険の死亡保障なんて、必要ありません。

だって、収入が無いわけですから、死んでしまっても困る人はいません。

医療保険だって、必要ありませんからね。

そして、ボーナスからのおこづかいなど無くしてしまえば、ボーナスを貯金することが出来ます。

楽勝でアーリーリタイア出来ますね!

最後に

とはいえ、奥さまがアーリーリタイアなど、許さないでしょうね・・・

だって、奥さまは働いているわけですから。

『あなたも働きなさいよ!!』って言われるに違いありません。

かわいそうですが、旦那さんは、アルバイトでもするしかないでしょうね。

奥さまも一緒にリタイア出来たらいいんでしょうが、それはちょっと無理そうですし・・・

僕が同じ状況なら、うつ状態になるかもなぁ・・・

52歳になって、アルバイトを始めるなんて・・・

新しい仕事を始める自信なんて、僕にはありません。

僕なら、株とブログで稼ぐことを考えますかね・・・

まあ、あまり、お金になりませんが。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。