本格的にリストラが始まった。50代は生き残れるか?

 

こんにちは。たかです。

僕が勤めている会社では、『早期退職優遇制度』を発令して、退職者を募集しています。

退職時期は、2019年3月末日。

のこり、5か月くらいとなりました。

当然、僕は、ウジウジしながらも、退職を決意したわけです。

ですが、社内には、たくさんのおじさん達が、『おれには関係ない!』みたいな顔して仕事をしています。

まあ、会社って、そんなに甘くないみたいですよ・・・

『肩たたき』行脚が行われている

僕がつかんだ情報では、会社の上層部の数名が、各事務所を内密に訪れているようです。

そして、『肩たたき』に合う人に、こっそりと密談しているようです。

いきなり、会社のお偉いさんがら連絡が来て、『たかさん、○○日空いてますか?ちょっと、お話があるんですが・・・』なんて、言われたらどうします?

よほど、鈍感でなければ、『あっ、おれ、リストラ対象だ!」って感じますよね。

『早期退職優遇制度』が発令された、この時期ですし・・・

まあ、僕には、こんなお話は来てません。

当然ですよね。

ほっといても、辞めるわけですから・・・

でも、もし、自分で『退職します宣言』をしていなかったら、おそらく、僕は『肩たたき』に合っていたことでしょう。

危ないのは45歳~55歳の仕事できないおじさん

まあ、例えるならば、僕のような、おじさんです。

年齢49歳、とりあえず管理職、でも、ヒラ管理職なんで、部下は無し。

仕事は、できない。

最近、特に劣化が激しくなっており、足手まといになる事が多い。

今回は、組合員ですら、リストに上がっているようです。

組合も、頼りにならない時代になったんですね。

一昔前は、『組合が助けてくれるから、組合員はリストラされない!』なんて、言ってたんですけど・・・

まあ、会社もそんなこと言ってられない状況なのかもしれません。

まだ、『肩たたき』された人には合ってない

なんと、僕の所属する事務所にも、お偉いさんが来たそうなんです。

と言うことは、誰かが、肩をトントンされたって事ですよね。

ん~、想像するに、数名は思い浮かびます・・・

残酷な時代になりました。

安倍さんは、『70歳まで働け!』って言ってるのに、一方では、リストラをやっている。

会社の生き残りのためには、仕方のないことかもしれませんけどね。

最後に

最近、いろんな会社でリストラの話題を聞きます。

決算発表の時に、『1~2割人員を削減します!』なんて、発表している会社もありますよね。

株主は喜ぶのかもしれませんが、社員にとっては、地獄絵図です。

僕は、やはり、サラリーマン定年50歳ってしたほうが良いと思います。

そのかわりに、50歳までに、しっかり給料をはらう。

そして、社員は、資産運用をして退職後に備える。

最初から、そんな風に言ってくれれば、やり方もあるんですけど。

サラリーマンって、定年まで働けると勘違いしてますから、早めに教えてあげるほうが、親切だと思っています。

とりあえず、息子には、教えてますけどね。

『定年まで会社で働くなんて、ありえないよ。』って。

4月から、どうやって生きていくか?

そろそろ、本気で考えないといけないなぁ~

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

転職人気NO.1コンサルタントになれる人、なれない人 50歳でリストラされない「キャリアマネジメント」を! 「自律力」が、あなたの人生を変える!/高橋信也/上條淳【3000円以上送料無料】

価格:1,620円
(2018/11/2 16:00時点)
感想(0件)