リストラが行われている会社の社員は、いつでも辞めれるように準備が必要。

 

こんにちは。たかです。

先日、こんなメールをいただきました。

『会社でリストラが行われています。今は、自分は対象外ですが、そのうち対象になってきます。どうしたら良いでしょうか?』って。

ん~、こんな会社ありますよね!

実は、僕が勤めていた会社もそうなんです。

初めの頃は、『早期退職優遇制度:対象は50歳以上の正規社員』でした。

あっ、『早期退職優遇制度はリストラじゃない!』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はリストラです。

退職させるのは、希望した者だけではありません。

会社が辞めてほしいと思う人も、ちゃんと、辞めさせられます。

『肩たたき』という方法で。

話しが脱線しました。すみません。

僕が会社を辞めた時の制度は、年齢は不問、正規社員も非正規社員も対象となりました。

なので、いつ、自分がリストラの対象になるか分からないってことです。

では、どうしたらいいでしょうか?

45歳を過ぎれば対象になる

今年に入ってから、いろんな会社がリストラを始めました。

それらを見ていると、対象者の年齢は、だいたい45歳以上のようです。

なので、45歳を過ぎれば、リストラされてもおかしくないと思っておいた方がいですね。

50歳以上になれば、間違いなく、会社は『辞めてほしい!』と思っているはずです。

ですので、まずは、『自分もリストラされる可能性がある』と、心の準備をしておいたほうが良いですね。

転職活動をする

僕が勤めていた会社の先輩の中に、こんな人がいました。

『たか、この会社ヤバいぞ。リストラを始めた。定年まではいられない。オレは、リストラしてない会社に転職する!』

そういって、別の会社に行った人がいます。

まあ、半分、正解かもしれません。

なぜ、半分なのか?

だって、転職した先の会社が、リストラしないとは限りません。

今はやってないかもしれませんが、経営が危なくなれば、リストラなんか、簡単に始めちゃいますからね。

この先輩の場合、転職先の会社が、別の会社と合併してしまいました。

そうなると、人が余りますので、結局リストラが始まったんです。

まあ、先輩は、リストラされず、まだ働いていると思うんですが・・・(消息は知りません)

絶対にリストラに遭わないとは言えませんが、安全そうな会社に転職することも検討してみる価値ありですかね。

セミリタイアをする

あきらめて、リストラされるまで、しがみつくのも、ひとつの戦法だと思います。

ですが、運悪くリストラされてしまったら、どうするか?

再就職して、正規社員になるのは、ハードルが高くなります。

ですが、アルバイトであれば、募集はたくさんあります。

警備、介護、販売員などは、求人が山ほどありますので、職に就くことは出来るんじゃないでしょうか。

ただ、お給料は少なくなりますよね。

なので、ある程度の貯蓄は準備しておく必要があります。

いくら必要になるかは、その人の生活レベルによりますので、一概に『いくら』とは言えません。

加えて、厚生年金には入れませんので、年金額は少なくなるでしょう。

今後、国の方針で、アルバイトも厚生年金加入が義務付けられるかもしれませんが。

なので、老後のお金のことも頭に入れて、資産(貯蓄)つくりをしておく必要があると思います。

最後に

リストラの恐怖を抱えながら生きていると、結婚とか、子育てとか、リスクの高いことは出来なくなりますよね・・・

もし、僕が20代ならば、結婚なんてしないと思います。

仮に、子供なんか出来たら、責任取る自信がありません。

1人で生きていくのであれば、いくらでも方法はあります。

日本も、もっと安心して生活が出来るようになれば、人口も増えるでしょうし、経済成長もするんじゃないでしょうかね。

今日は、頂いたご質問に対する僕の考えを書いてみました。

もっと、書きたいことあるんですが、長くなるので、この辺でやめておきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

【中古】 正社員は危ない! “リストラなう”を生き抜く方法 / 尾方 僚 / 朝日新聞出版 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:299円
(2019/8/31 16:40時点)