早期退職してほとんどお金を使わない。定年まで働くのは当たり前か?

 

こんにちは。たかです。

僕は、3月末で会社を早期退職しました。

最終出勤日は、3月20日だったんで、それ以降は会社に行っていません。

最終出勤日直後は、引っ越しとか送別会とかあって、お金を散々使いました。

ですが、ある程度、生活が落ち着いてきたら、ほとんどお金を使わなくなりました。

4月に入って使ったお金は450円

なんと、この3日間で使ったお金は、『450円』です。

買ったものと言えば、たばこのみ。

その他、何も買っていません。

サラリーマンをやっていた頃は、最低でも、1500円は使っていました。

3回の食事代だけでも、最低1500円はかかりますよね。

さらに、飲み会なんかがあると、軽く10000円が飛んでいました。

今思えば、なんと、もったいないことをしていたか・・・

働くって、お金を使うことにも、つながるんですよね。

質素であることは、自由であること 世界でいちばん質素なムヒカ前大統領夫人が教えてくれたこと【電子書籍】[ 有川真由美 ]

価格:950円
(2019/4/3 17:18時点)

お金を使わなくても楽しい

僕の今の生活は、お金を使いません。

食事は家で済ませています。

食べてると言っても、ご飯と野菜と魚、たまご、そんなもんです。

食費も、安く済ませています。

ですが、かなり楽しい毎日を送っています。

確かに、会社の気の合う仲間と食事とか、旅行とかも楽しいと思います。

でも、そういった楽しみって、どうしても出費が伴います。

1人であれば、自由な時間を、自由なことに使って、究極の贅沢なんじゃないかって、思っています。

最も贅沢なのはたくさん時間がある事

サラリーマンを辞めてから思う事は、『自由な時間って、ホントに贅沢』ってことです。

仕事をしていると、自由な時間って、ほとんどありませんでした。

休みの日だって、仕事があったり、家族の為に何かやることがあったり、24時間、自由にできる時間なんて、無かったように思います。

ですが、会社を辞めた今、ほとんどが自由時間です。

たまに、妻の言いつけで、家事をやることはありますが・・・

11年のお給料で時間を買った

僕は、定年まで残り11年でした。

あと11年働くことが出来たわけです。

でも、僕はそれを放棄して、『無職』の道を選びました。

そして、『自由な時間』を手に入れたわけです。

見方を変えれば、『11年分のお給料で、時間を買った』とも言えるかもしれません。

ん~、高ったのか、安かったのか?

でも、今は、まったく後悔していません。

最後に

サラリーマンの定年って60歳ですよね。

普通、『60歳まで働くのが当たり前』って感じですが、ホントにそうなんだろうか?って思ってしまいます。

当然、仕事が楽しくて仕方がないとか、お金が足りないから働ないといけないとか、いろんなケースがあると思います。

ですが、義務感で『定年まで働かなきゃ!』みたいになっている人もいると思うんです。

以前、勤めていた会社にも、そんな人いました。

お金もそこそこある、仕事は楽しくない、そんな人は、早めに会社を辞めて、自由な時間を手に入れた方が良いと思っています。

明るく・楽しく・優しく・感謝して。

そんな生き方を、追及していきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。