一所懸命に働かないと早期退職できないかも-なんか矛盾してます

こんにちは。たかです。

変なタイトルをつけちゃいました。

なんか矛盾してませんか?

一所懸命に働くことが出来る人は、早期退職なんて考えませんよね。

『もっと、バリバリ働いて、出世するぞ!』ってなるのが普通でしょうか?

僕が最も気が合わないタイプです。

逆に、早期退職を考えるような人は、一所懸命なんて働きませんよね。

『出来る範囲で、ゆっくり、やっときゃいいや。そのうち、辞めるし・・・』みたな感じでしょうか?

まあ、僕はこちらの部類に属しております。

ところが、そうも言ってられない状況になってしまったのです・・・ショックです

早期退職して、ゆるゆるの生活を夢見ている僕に、何が起こったんでしょうか?


配置転換が悪の元凶

このブログの中でも書きましたが、配置転換になってしまったんです。

新しい部署、新しい仕事を、いまさらながら始めないといけなくなったんですね。

残り、わずか7か月ですよ。

サラリーマンをやってる方なら、僕の心境を察していただけると思います。

しかもです。

めちゃくちゃ、高度で面倒な仕事が多い。

正式な引継ぎはこれからなんですが、先日、ちょとだけ仕事内容を教えてもらいました。

さわりの部分くらいですね。

ですが・・・既についていけません。

『えっ、意味がよくわからないんですが・・・どうやったら、いいんでしょうか・・・』って感じでした。

先が思いやられます。

ですが、どうせ7か月先には、辞めるわけですから、『適当にやっとけばいいじゃないか?』って思われる方もいらっしゃると思います。

それが、そうはいかない状況なんです。

降格人事が待っている・・・

僕の勤めている会社には、『降格人事』っていう、非常にけしからん制度があります。

みなさんの会社にもあるかもしれませんね。

この『降格人事』が、よく行われる会社なんです。

まあ、職位が下がるくらいどうでもいいんですが、職位と一緒に基本給まで下がるんですね。

これは、困るわけです。

職位が下がって、笑われるくらいは気にしないんですが、給料が減るのは、僕の今後の予定に影響を与えてしまいます。

基本給が下がったくらいで、影響は少ないだろうと思われるかもしれません。

ですが、そうでもないんです・・・

なぜか??

早期退職割増金に大打撃

僕は今回出された『早期退職優遇制度』を活用して、退職しようとしています。

この制度の良いところは、普通の退職金に割増金を上乗せしてくれるんですね。

まあ、社員に優しいのか?そこまでしてでも、辞めさせたいのか?分かりませんが・・・

で、この『早期退職割増金』ってものは、以下の公式によって算出されます。

基本給×○○か月

お分かり頂けたと思います。

基本給が下がると、割増金が大きく減るんです。

っていうことは、退職後の生活費が減るって事です。

となると、僕は退職後も、アルバイトかなんかで働かないといけなくなるんです。

それが、イヤなんです。とにかく、イヤなんです。

いい歳こいたおっさんが言う事ではありませんが・・・イヤなんです。

そこで、一念発起しました!!

それは・・・


残り数か月、一所懸命働く!

もう、これしかありません。

一所懸命やったところで、仕事をこなせるかどうかも分かりません。

ですが、ボーとしてたら、降格間違いなし!です。

今、気がつきました。なんで、僕が配置転換になったか???

『降格させるため』なんですかね?

でも、やってみます。

退職して、働かず、ファミレスでコーヒー飲みながら、ブログを書く生活を得るために・・・

最後に

冷静になって考えてみれば、26年間、会社からお金をもらって、生活することが出来ました。

今は、ハラスメントは多いし、勝手なルールばっかり作ってお客さんに迷惑かけるような、変な会社になってしまいましたが、入社した時はいい会社でした。

ほんとに、自由の多い、若い会社でした。

そのおかげで、子供にご飯を食べさせることも出来ましたし、旅行に行くことも出来ました。

僕も残り数か月です。

最後の最後に、少しくらいは恩返しをしても、バチは当たらないかもしれません。

むりやりですが、会社に感謝して、仕事に邁進してみようと思います。

ですが・・・数か月後には・・・・

『もうダメだ!!こんな会社、辞めてやる!!』って、叫んでいる様にも思います。

その時は、お付き合いよろしくお願いいたします。

本日も最後までありがとうございました。

笑顔の教科書 仕事と人生を豊かにする [ 福田純子(エッセイスト) ]

価格:1,188円
(2018/8/31 14:53時点)