定年までやり過ごそうとするオジサンは、働かないのか?それとも・・・

 

こんにちは。たかです。

経団連の会長やトヨタ自動車の社長から、『終身雇用はむずかしい』といった発言がありました。

これを受けて、今後、クビ切りが始まっても、おかしくありません。

既に、45歳以上のサラリーマンが、クビ切りの対象になっている会社もありますし。

僕の勤めていた会社なんか、年齢は問わず、仕事が出来ない人は、『肩たたき』が行われていました。

おそらく、僕もその候補社員一人だったと思います。

雇われる側からすれば、クビ切りされては、たまったもんじゃありません。

ある日突然、お給料がもらえなくなるわけですからね・・・

生活に困ってしまいます。

でも、会社側から考えれば、『仕事をしないオジサン』を雇っておくのは、お金の無駄ですよね。

しかも、こんな『仕事をしないオジサン』って、高いお給料を貰っています。

オジサンの代わりに、若いバリバリやる気のある社員を、安いお給料で雇った方が、会社としては効率がいいです。

ですので、僕のようなオジサンをクビにしたいっていう、会社の考えも理解できます。

ここで、ひとつ、疑問があります。

この『仕事をしないオジサン』は、『仕事をさぼっているのか?』それとも、『能力的に出来ないのか?』

僕が遭遇した『仕事をしないオジサン』を思い出してみます。

クビ切りに遭ったオジサンたち

僕が勤めていた会社でも、クビ切りが行われていました。

表面的には、『クビ切りなんかしない!』なんて、会社は言っていましたが、そんなことありません。

希望の勤務地とは全然違う、遠い場所に転勤させたり、希望の勤務地に行かせてやるから、2段階降格するとか、ひどいことが多かったです。

こんなことされたら、辞めていきますよね・・・いじめです。

そんないじめに遭ったオジサンを思い出すと、ほとんど場合、これです。

『やる気はあるけど、能力的に限界!』です。

たとえば、会社のシステムがうまく使えない。

パソコンでいろんな作業をするんですが、それが出来ない。

1回1回、若手の社員に聞きながらやるしかない・・・

別に、この人たちって、サボっているわけじゃないんですよね。

一生懸命なんですが、出来ないんです。

あるいは、営業職でも、最新の情報を勉強しないといけません。

自分の会社の商品と、他社の新商品の違いは何か?とか。

ですが、年を取ってくると、それが出来なくなる人がいます。

やる気はあるんです。

でも、勉強するけど、頭に入らないんですね・・・老化でしょうか?

みんながそんな風になるわけじゃありませんけど。

サボるオジサンは淘汰された

僕が勤めていた会社では、『仕事をさぼるオジサン』は、とっくの昔に淘汰されたように思います。

僕が若かった頃は、『さぼるオジサン』は、たくさんいました。

営業職なのに、お客さんのところに行かずに、パチンコしてるとか・・・

ですが、今は、そんなオジサンはいません。

みんな、まじめにやっています。

能力がなくなったら引退

スポーツ選手の場合、どんなにやる気があっても、身体的能力が落ちてしまえば、引退するしかありません。

やる気では、どうしようもないわけです。

これが、サラリーマンにも、適用されようとしているかもです。

たとえば、僕がやっていた営業職でも、年齢を重ねてくると、フットワークが落ちてきます。

そうなると、お客さんと面会する回数が落ちてきますので、自然と売り上げが落ちてきます。

営業トークなんかは、経験値でカバーできますが、知識は勉強しなければついて行けません。

年を取ると、物覚えも悪くなりますからね・・・

勉強する意欲を保つのも、ひと苦労です。

ん~、サラリーマンも厳しい時代になりそうです。

最後に

今のオジサンたちは、みんな、まじめなんじゃないでしょうかね?

昔のオジサンとは違うような・・・

でも、時代の流れは速くなっています。

どんどん、新しいことに適応しなくてはいけません。

その適応する能力が無くなった時が、『肩たたき』をされる時かもしれません。

ん~、やっぱり僕は、『肩たたき』されても、まったく、おかしくない人材だったかもです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。