定年退職でも早期退職でも、会社を辞めた後は環境が変わる事に違いは無い。

 

こんにちは。たかです。

今日も午後から、ネットでウロウロといろんな記事を見ていました。

その中でも、僕が好んで読んでいるのが、FPさんに相談する記事です。

いろいろとお金のことが書いてあるので、参考になることが多いです。

今日は、こんな記事を目にしました。

『55歳貯金1億円。働くモチベーションがなく退職希望』です。

内容を読むまでもなく、『そんなの余裕で出来るだろ!』って思っていました。

ですが、FPさんが、どんなコメントを残してるかが気になったので、読んでみました。

1億円以上の資産あり

この記事に出てくる相談者は、55歳の男性で、1人暮らしをされています。

56歳で早期退職を希望されており、退職金を入れれば、資産は1億2,000万円あるんだそうです。

しかも、年金は65歳からの見込み受給額は、額面で年間約184万円、個人年金は60歳から70歳まで年間130万円あるようです。

退職後は、実家に戻って、3,000万円でリフォームを計画されています。

現在の月の生活費は、家賃込みで23万円のようですので、どう考えても大丈夫ですよね。

僕なら、速攻で会社辞めますが・・・

当然、FPさんも、『資金的には完全リタイアをしても問題はほぼない』と言っています。

ん?

資金的には・・・?

他に問題でもあるのか?

一変する生活と環境にいかに適応するか

FPさんは、アドバイスとして、こう言っています。

『あえて心配な点をあげれば、これまで会社員として働き詰めだった生活が一変するということ』

さらに『思い描いたリタイア後と違うことで戸惑うことがないか』って。

ん~、そうなのかもしれません。

ですが、FPさんの心配って、早期退職者に限ったことではないですよね。

定年退職した人でも、生活は一変します。

今まで、毎日通っていた場所に、行かなくなるわけです。

会社の人とも会わなくなります。

これって、早期退職者も同じことです。

要は、そういう環境になるのが、早いか遅いかの違いです。

定年退職でも早期退職でも、『思い描いたリタイア後と違う』って感じる可能性は、高いかもしれませんが。

退職後の生活に期待しない

僕は、とにかく会社を早く辞めたかったので、リタイア後のことは、あまり思い描いていませんでした。

僕が思っていた事は、『退職しても、どうせ楽しくないだろうけど、今よりはマシだろう』くらいのものです。

ですが、中には『退職したら、あれやって、これやって』なんて、夢を描いている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ところが、実際に辞めてみると、退職前にやろうと考えていた事なんか、ほとんど出来ないでしょう。

会社を辞めると、意外と落ち着いてしまいます。

それに、何かやろうとしても、家族がうるさいですし・・・

ですので、あまり、退職前に夢を描かない方がいいですね。

『会社辞めてから考えよー』くらいの方が、いいかもしれません。

最後に

僕も会社を辞めて、約4か月弱になりました。

いまのところ、時間を持て余すってことはありません。

毎日、単調な生活をしていますが、あっという間に1日が終わってしまいます。

かなり、時間の使い方が、贅沢かもしれませんね。

何ごとも、ゆっくりやるようにしています。

お金を払えばサッと出来ることも、自分でやれば、時間がかかります。

でも、僕は暇人なので、それでもOKなんです。

丁度いい、暇つぶしでしょうか。

しかも、お金の節約にもなりますしね。

定年退職であれ、早期退職であれ、仕事を辞めたら、時間をゆっくり使うのが、退屈しないコツなのかもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。