退職してから老後に2000万円で足りる?みんな準備できないんじゃないか?

 

こんにちは。たかです。

今日も朝から、『老後は2000万円不足?』みたいなタイトルでテレビ番組が放送されていました。

6月の初めに、金融庁が報告書を提出したみたいですね。

その中身を見ると、年金だけでは生活できない。

不足するお金は、約2000万円ってことになっています。

ホントに、そうなんですかね?

ちょとだけ、確認してみました。

老後の生活費は?

金融庁の報告書を見てみると、こんなスライドが出ています。

ちょっと、見にくくてすみません。

高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の実収入と実支出の表です。

実支出を見てみますと、総額が約26万円になっています。

結構、使っていますよね。

では、内容を確認してみたいと思います。

実支出の欄の一番左端の濃い黄色は、『食費』を表しています。

食費に、約65000円かかっています。

いかがですか?

我が家は、育ち盛りの子供が2人いた時でも、こんなにはかかっていませんでした。

もしかしたら、買い物ものに行けなくなって、宅配を利用しているかもしれませんけど。

ですが、多くの高齢者の方は、健康志向の高まりで、安全性の高い、高価な食材を購入しているんじゃないでしょうかね?

僕の感覚からすれば、あと20000円くらいは、安くすることが出来そうです。

それから、右から2番目の青色は、『その他の消費支出』を表しています。

その額、約55000円です。

何に使っているんでしょうかね?

お小遣いでしょうか?

右から3番目の紫色は、『教育娯楽』なんですが、約25000円となっています。

これが、お小遣いに該当するでしょうから、この55000円はかなり削減することが出来そうです。

おそらく、あと5万円は支出を抑えることが、出来るんじゃないでしょうかね?

ってことは、生活費は約20万円あれば、大丈夫ってことになります。

老後の収入は?

一方、実収入を見てみます。

年金だけの収入は、約19万円となっています。

しかし、これは、今の年金収入ですので、今後はどうなるか分かりません。

所得代替率が下がれば、年金受給額も下がります。

今の年金額の2割くらい下がることは、覚悟しないといけないでしょうね・・・

そうなれば、約15万円くらいになるんでしょうか?

夫婦2人で、月に15万円・・・

ん~、生活苦しいですよね~。

いったいいくら必要なのか?

生活費として、月に約20万円。

収入は、年金だけだと、月に約15万円。

その差額は、約5万円ってことになります。

月に5万円足りませんので、年間にすると、約60万円貯金から切り崩すことになります。

もし、90歳まで生きたとしたら、70歳から90歳までの20年間に、1200万円が必要になります。

ただし、60歳で仕事を辞めてしまったら、70歳までの10年間は、貯金を切り崩して生きなければいけません。

そうなれば、月の生活費が20万円ですので、年間240万円になります。

これが、10年間続けば、2400万円が必要になるってことです。

先ほどの、1200万円と合わせれば、3600万円が必要になります。

ですが、この計算には、介護費を入れてませんので、これに1000万円は上乗せが必要でしょう。

ってことは、60歳時点で4600万円、70歳時点で2200万円が必要になりますね・・・

最後に

ん~、こんな金額、みんな準備出来るんですかね?

もし、出来なかったら、どうなるんでしょうか?

50代の貯蓄の中央値は、約400万円です。

60代でも、約800万円です。

この数字から、2000万円以上の貯蓄をするなんて、無理じゃないですかね・・・

ってことは、どうするか?

年金で生活できるようにするしかありません。

月に15万円以下で生きることが出来れば、貯金なんかいりませんから。

我が家では、現在、15万円で生活できるように、訓練中であります。

今度、我が家の家計簿を公表してみたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。