『足るを知る』で豊かな人生を送っていきたい。

 

こんにちは。たかです。

このところ、『お金』に関する記事を書くことが増えました。

そのわけは、僕自身、『お金って、足りるのかなぁ』って、なんとなく不安になっているからです。

お金が足りるとはどういうことなのか?

どうなっていてれば、安心なのか?

自問自答しているところです。

僕なりに出した答えは、『お金を自由に使っても、死んだときに、若干のお金が余っている状態』です。

要は、生きている途中に、『やばい、お金が無くなった!』ってならない状態の事です。

ですが、これって、予測が難しいです。

とりあえず、会社を早期退職する前に、『ライフプランシート』を作成してますので、計画的に使っていけば、そこそこ生き延びれます。

でも、なんか不安なんですよね・・・

そこで、こんな言葉を見ました。

足るを知る

この言葉の意味を調べてみました。

そしたら、『満足することを知る』ってことのようです。

上を見すぎて、『もっと、お金が欲しい』とか、『これじゃあ、お金が足りない』とか思ってしまうと、悩みが尽きません。

『足るを知る』を実践できれば、悩みはかなり軽減されると思います。

そうです。

『お金が足りない』じゃなくて、『今、お金があるって思うこと』が大事なんですね。

【新品】【本】「足るを知る」と、幸せになれる 植西聰/著

価格:1,188円
(2019/4/7 10:11時点)

物の見方を変える

今の僕のお金に対する考え方は、『このままじゃ、いつかお金が底をつく』です。

これでは、いくらお金があっても、不安感は取り除くことは出来ません、

では、どう考えるのか?

『あと、10年は生きることが出来る』って考える事です。

将来の不安に目を向けるのではなく、今あるものに目を向ける。

少なくとも、10年は生きて行けそうですから、不安になることはない。

その代わりに、今をやりたいように生きていく。

これからは、こういった考え方に変えていきたいですね。

ですが・・・心配性の僕には、時間がかかりそうです。

思ったよりも神経質になった

早期退職する前、いろんなブログで、お金に関することを勉強させていただきました。

その中には、やはり、お金のことで不安になった。

なんていう記事を見たことがあります。

そのときは、『そんなに心配になるもんかなぁ~』なんて思っていたんですがね。

僕も、そんな風になっちゃいました・・・

ですが、ほとんどの方が、『リタイア生活も、数年経てば、お金のことを忘れている』って書いてました。

ん~、そんな風になれるんだろうか?

最後に

せっかく早期退職して自由になったわけですから、今をやりたいように、生きていきたいです。

『やってみたい』って思ったら、迷わずやってみる。

たとえ、お金がかかったとしても、やってみる。

そういえば、旅行に行ってみたいんですよね。

1泊でいいんです。

しかも近場で。

早速、予定を考えてみます。

そして、明るく・楽しく・優しく・感謝して人生楽しみたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。