村田諒太選手が負けた・・・残念です。次なるモンスターを見た!

 

こんにちは。たかです。

昨日、WBAスーパー王者・村田諒太が、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン選手と王座統一戦を行いました。

結果は、村田選手の9回2分11秒TKO負けでした・・

ん・・・

残念ですね。

序盤は、村田選手が主導権を握っているように見えたんですがね。

このままいけば、村田選手が勝つんじゃないか!と思ったくらいです。

しかし、現実は、甘くなかったですね。

ゴロフキンは強いけど・・・

ボクシングファンの人なら、ゴロフキンのことを知らない人はいないでしょう。

戦績は、41勝1敗1分けだったかな?

たった1度の敗戦も、『ゴロフキンが勝っていたんじゃないか?』と言われるような疑惑判定でした。

なので、事実上、ゴロフキンは無敗の王者だったわけです。

ですが、今回のゴロフキンは、少し動きが悪かったような気がします。

特に序盤は、パンチのキレも無かったし、以前のような破壊力を感じることがありませんでした。

年齢の影響もあるかもしれませんね・・・

強かった選手が弱くなっていくのを見ると、なんだか、かなしくなっていきます。

しかし、そんな状況の中でも、あの村田選手をTKOするんですから、やはり、ゴロフキンは強いんだと思います。

ゆっくり休んでほしい

村田選手には、ゆっくり休んでほしいですね。

コロナの影響で、何度も試合が無くなり、モチベーションを保つために大変だったと思います。

もちろん、体力をつけておくのも大変ですよね。

2年4か月も試合が出来なかったようですからね・・・

そんな状況の中、あのゴロフキンにガンガン攻めていった村田選手は、勇敢な選手だと思いました。

ホントに、すばらしい試合を見せてもらいました。

最後に

村田選手の試合も良かったんですが、個人的には、中谷選手の強さに驚きました。

村田選手の前に試合を行ったんですが、圧巻の内容でした。

相手は、世界フライ級2位の山内涼太選手でした。

中谷選手は、世界2位の選手を相手に、ほとんどパンチを当てさせませんでした。

一方的に、中谷選手がパンチを打ちまくる展開でした。

とんでもなく、力に差がありましたね・・・

井上選手のようなモンスター級の選手が、現れたようです。

今後が、楽しみですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。