サラリーマンは50歳までに辞めたほうがいいと思う

 

こんにちは。たかです。

今年で、僕も、49歳になります。

とんでもないタイトルを付けましたが、これは、僕のサラリーマン生活を振り返ってのことです。

僕自身、20~40代前半までは、なんとか文句も言われずに、仕事が出来ていたと思います。(たぶんです・・・)

ですが、40代後半は、自分でも、周りに迷惑をかけてるだろうなぁと感じています。

営業マンとしての売り上げ成果も、若い時に比べれば、断然、悪くなってると思います。

そして、更にガクッと成果が落ちてくるのが、50歳じゃないかと思います。

ここが、限界かもしれません。

そうでない人もいるかもしれません。

ですが、若い人には敵わない。

これが、一般的かと思います。

そこで、こんな記事を見つけました。

『職場で総スカンになる50代社員の特徴』です。

なんか、タイトルからして、イヤな感じですね。

何が書いてあったか?

50代の社員の特徴

若手社員から見た、50代社員の特徴みたいです。

さて、僕は、この先、どう見られるのでしょうか?

虚勢をはる

『何らかの機会を通じて、自分を大きく見せようとする。』

『たとえば、会議でわざと難しく説明をしたり、専門用語や業界用語などを使ったり。』

特に、出世が遅れた人ほど、この傾向が強いそうです。

ん~、なんだか当たってるような気もしますね・・・

「余裕」を演出する

『50代で昇格が遅れているのに気にしていない、といったそぶりをする。』

『あたかも自分はそのような競争とは、無縁だったと言わんばかりのパフォーマンスをする。』

『ひとりで評論家のような言動をとり、これが、いかに不愉快であるかを感じ取っていない。』

よく見てますね・・・僕のまわりにも、このような方、いらっしゃいます。

ほんとに、悪影響しか及ぼしていません・・・

給料に見合った働きをしていない

ハイ!

これ、このままですね。

僕自身、こう感じています。

ホントに、若くて頑張っている方には、申し訳ない気持ちです。

ですが、おじさんも、出来る限り頑張っているつもりなんですけどね・・・

売れないんですよ。ごめんなさい。

辞めない

これが、一番激しく書いてありましたよ~。凄いです。

『出世競争がある程度決まる40代後半までに見切りをつけて、50歳前後で会社を辞めて、ほかの会社に転職をしたり、自営業などを始めるわけでもない。なぜか、そのまま残り、60歳どころか、定年延長で65歳までいる。』

『懸命に、必死に、真摯に仕事をしているならともかく、そんな姿勢を決して見せない。ここに、20~40代の意識の高い社員からすると、なんとも言えぬ、理不尽なものを感じる。なぜ、こんなに高いお金をもらいながら、ここまで傲慢なのか』

もう、こんな風に見られているんですね。

50代で、仕事が出来ないと思られた人は、おそらく、地獄でしょう・・・

最後に

定年制度も、70歳までに延長されるかもしれません。

どうでしょうか?

50歳代でも、お荷物扱いされるのに、70歳まで、働けますか?

ある種の技術をお持ちの方は、必要かもしれません。

ですが、多くのサラリーマンは、必要ないんじゃないでしょうか?

っていうか、若い人たちに、害を及ぼす危険性すらあるように思います。

何が正解かは分かりませんが、僕自身は、50歳前に退職して、若い人に迷惑をかけない様にしたいと思います。

そして、その能力に見合った仕事と、お給料を頂ければいいかな?と感じています。

もう、そんなに、能力高くないですね・・・

戦闘力『2』くらいでしょうか・・・

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。