サラリーマンって『脳内奴隷』なんだって。僕はブログで解放された。

 

こんにちは。たかです。

こんな記事を見つけました。

『あなたを「奴隷生活」に誘う「家を持ってこそ一人前」という思い込み』です。

記事の内容は、国から、『一戸建てを持ってこそ一人前』という刷り込みをされているっていうものです。

そうすることで、持ち家などのローンによって国民を『会社』にしばりつけ、『源泉徴収』によって確実に税金を集める。

言ってみれば、ゆるやかな『奴隷化』が、国によって勧められてきた。ってことのようです。

そう言われれば、そうかもしれません。

家を買ってしまうと、会社を辞められないって人、多いですよね。

そして、最終的には、『会社員として働くことが、1番安全で幸せ』みたいに刷り込まれていくんですね。

この『奴隷化』するための、1つの考え方が、これだと思います。

今のシステムから離れないほうがいいよ

日本って、この風潮が強いように思います。

僕も、会社を辞めようとした時に、『会社を辞めて食べていけるの?』とか『もったいなくない?』って、周りから言われましたね。

確かに、そうかもしれません。

親からは、『コツコツ働いて生活するのが当たり前やろ』って、言われました。

『雇われて働く』以外は、危険である、非常識だ!って言っているようなものです。

これって、『脳内奴隷』なんでしょうね。

会社から離れることが出来ない。

もう、会社の奴隷の様になっています。

サラリーマンは安全でも幸せでもない

サラリーマンを100%否定するわけではありません。

実際、僕はサラリーマンをやってきたから、生きて来れました。

ですが、これは、『たまたま、結果が良かった』だけの話しです。

50歳を目前に、その状況は変わったわけです。

少なくとも、幸せでは無くなりましたし、安全もありません。

いつ、『クビ』にされても、おかしくない危険な状況です。

『脳内奴隷』のままであれば、会社にしがみつき、日々苦しみながら、不幸せな人生を送ることになっていたでしょう。

僕は、いろんな方のブログを読むことで、『脳内奴隷』から解放されたような気がしています。

『会社を辞めても、生きていけるんだ!』って、気づかせてもらったんです。

ほんとに、感謝ですね。

最後に

サラリーマンの子は、サラリーマンになります。

そうでない場合もありますが・・・

親は、サラリーマンを勧めるのでしょう。

だって、これまで、親自身は、そうやって生きて来れましたから・・・

ですが、これから先は、サラリーマンという働き方は、どうなるか分かりません。

自営業よりも不安定かもしれません。

自分の力では、どうにもならないことが多くなっています。

どんなに頑張ったって、クビになる時は、あっさり切られます。

そんなもんです。

なので、僕の子供には、『会社を辞めてはいけない』なんてことは、一切言っていません。

言えた立場ではありませんしね・・・

責任も持てません。

子供には、『脳内奴隷』になることなく、自由な発想で、人生を歩んでもらいたいと思っています。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。