お給料がもらえるから働く。そう思えるうちは大丈夫。でも、そのうち・・・

 

こんにちは。たかです。

『わたし、定時で帰ります』っていうドラマが話題になっているみたいですね。

僕は、ちょっとしか見たことないんですが、吉高由里子さんのセリフに、勇気づけられている人が、大勢いるみたいです。

サラリーマンって、みんな、大変なんですね。

でも、なんで、こうなったんでしょうか?

もっと、楽しくやればいいのに・・・

こんな風に僕は思っていましたが、現実は、そうはなりませんでしたね。

バカな上司がたくさんいて、部下を叱り飛ばしてばかり。

そのくせ、なんの成果も出せない。

どうせ、成果が出ないんだったら、楽しくやったほうが、まだ、マシですよね。

上司なんか、いりません!

あっ、かなり、脱線してしまいました。

このドラマの中で、吉高由里子さんセリフに、こんなものがあったそうです。

『私たちには給料日がある!』です。

これは、『自分の人生何もない』とぼやく同僚に放った言葉らしいです。

吉高由里子さんが言いたかったことは、『お給料があるから、つべこべ言わず、働くんだ!』

さらに、『お給料をもらって、定時で帰ってビールを飲んで、恋人と話しながらドラマを見たいという、些細なことでも楽しいと思えることがあれば十分ではないのか!』っていう事ですね。

ん~、同感できるけど、なんか、ちょっと違うな・・・

これが、僕の感想です。

どういうことか?

些細なことを楽しむ

この部分は、同感ですね。

人が、幸せかどうかは、本人次第です。

どんなにお金があっても、自分の思い通りにならないことが多ければ、幸せとは感じないでしょう。

要は、『今、幸せだ!』って、自分が思うかどうかですよね。


お給料が楽しみで働ける時期もある

たしかに、若いころは、『お給料をもらうために働くんだ!』って思ってました。

なので、会社や上司から言われることに、素直に従っていました。

まあ、それだけやってりゃ、お給料もらえるわけですからね。

簡単です。

自分の意見なんか、必要ありません。

ところが・・・

そのうちに、自分の考え(ポリシー)みたいなものが出てきます。

僕は、そう感じています。

自分とのギャップに悩む

数年働けば、自分の考えが出てきます。

その時、会社や上司の方針と、自分の考えがずれてきたとき、どう考えるか?

どう処理するか?

これが、サラリーマンを長く続ける、コツじゃないかと思います。

僕は、これが出来ませんでした。

自分の考えと、まったく違う事をさせられるのは、かなりの苦痛を伴いました。

どう考えても、会社や上司の言う事が、さっぱり理解できない。

こうなると、『お給料の為に働こう!』なんて思いは、出てきません。

逆に、自分の考えを曲げてまで、会社や上司の言う事を聞かなければならないのか?

そんなことしてまで、働かないといけないのか?

こういう発想になってしまったんです。

まあ、考えが大きくずれることが無ければ、『お給料の為!』で働くことも出来そうですけどね。

最後に

『私たちには給料日がある!』でやる気が出た方は、まだ、大丈夫です。

『会社に行きたくない病』としては、軽症の部類だと思います。

これ以上、『会社に行きたくない病』がひどくならないように、自分の逃げ場所みたいなものを、作っておくといいですかね。

そして、『些細な事でも、自分は幸せだ!』って思う事は、覚えておきたいです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。