これからは営業マンは減っていくんだろうな。早めに辞めてよかった。

 

こんにちは。たかです。

僕は約26年間、営業マンをやってきました。

いわゆる『商品を売る』仕事です。

営業職を嫌う人もいますが、実は、営業って無理やり商品を買わせる仕事ではありません。

お客さんに、商品を買いたくなるように仕向けるのが仕事です。

納得いくまで商品の説明をしたり、潜在的な必要性をお客さんに伝えることで、商品を納得して買っていただくわけです。

ですので、『お願いします!買ってください!』なんていう営業はありえないんです。(やっている人は多いですけどね)

ですので、商品を買ったときは、喜んでもらえることが多いと感じています。

ところが、こんな時代は、もう終わりに近づいているかもしれません。

営業マンは減少している

こんな記事を目にしました。

『この15年で130万人の営業マンが消滅したワケ』です。

この記事によれば、2000年には468万人いた営業マンが、2015年には336万人にまで減少しているんだそうです。

ん~、そうかもしれませんね。

僕が働いていた業界の営業マンも、かなり減っています。

どの会社もリストラを行っていますからね。

では、なぜ、営業マンが減っているのか?

みなさんは、予想がついていると思いますが。

インターネットによる流通

現代は、物がほしいと思えば、ネットで検索して情報を得ることが出来ます。

ほしい商品の特徴や他の商品との違い、どこで買えば値段が安いかなど、いろんな情報を得ることができます。

営業マンに押し売りされることなく、商品を自分で選ぶことが出来るようになっているんですね。

僕がいた業界でも、ネットで情報を出すようになりました。

そうなると、わざわざ営業マンがお客さんのところに出向いて、商品の説明なんかする必要なくなるんです。

お客さんの方も、僕らに会うための時間を割かなくて済みます。

これからは、どんどん、こんな風に変わっていくんだろうなって感じがしますね。

営業はいらないのか?

ですが、ネットを見れば、すべての情報が網羅できるかといえば、そうはありません。

やはり、都合の悪い事は、ネットには書いていません。

その辺りは、営業マンが伝えないといけない点ですよね。

どんな商品だって、弱点はあるものです。

では、どうするのか?

お客さんの要望時に対応する

今までは、飛び込み営業だったり、ルート営業だったり、お客さんから要望もないのに、訪問していたと思います。

今後は、『お客さんから要望があった時に訪問する』かたちになりつつあると思います。

たとえば、ネットやテレビ広告を見て、詳しく知りたいからとお客さんから事務所に連絡が入ります。

この取次ぎをするのが『営業・販売事務職』っていう方です。

営業・販売事務職の方が対応することもありますが、さらに詳しい情報が必要になれば、営業マンが出動することになります。

そこで、商品説明や商談が始まるわけです。

最近、こんな形に変わってきている職場ありませんか?

僕は実際、こんなやり方をする時もありました。(基本はルート営業でしたが)

営業マンは「お願い」するな! [ 加賀田晃 ]

価格:1,404円
(2019/9/9 09:46時点)

最後に

お客さんの要望がある時だけ出動するのであれば、営業マンの数は、そんなに必要ありません。

ですので、もし、これが広まるようなことになれば、『営業』という職種はかなり減っていくと感じています。

実際に、僕がいた業界では、過去最低の営業マンの数になりましたからね・・・

『営業は、最後までクビにならない!』なんて言う先輩がいましたが、それは、昔々の話しです。

これからは、真っ先に狙われる職種かもしれませんね。

ん~、やっぱり、辞めておいて良かったかなぁ?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。