お金が貯まらない人の特徴があるらしい。我が家にあてはまるか?

 

こんにちは。たかです。

僕は、49歳で会社を早期退職して、無職生活を送っております。

十分なお金がないまま、会社を早期退職してしまいました。

まあ、『なんとかなるだろう』としか考えていません。

僕の予測では、70歳でお金が底をつく。

そんな状態です。

さて、お金が貯まらない人には、ある種の特徴があるそうなんです。

『貯蓄ゼロが全世帯で3割!老後のお金の準備方法は?』っていう記事に書いてありました。

今さら、稼ぎもないのに、お金が貯まるはずないんですが、読んでみました。

お金が貯まらない人の特徴とは?

これは、ファイナンシャルプランナーの方が書いた記事です。

それによれば、『たくさんの家計を見てきて感じるのが、お金が貯まらない人に共通する4つの特徴ある』と書かれています。

なんとなく、信憑性があるような気がします。

かなりの家計を見てきているでしょうからね。

では、どんな特徴があるんでしょうか?

収入・支出・貯蓄の3つの額を把握していない

ハイハイ!

それ、我が家の事ですね~。

収入は流石に分かっていましたが、支出も貯蓄も分かっていませんでしたね。

妻に家計簿を見せてもらったんですが、書いているだけでした。

つまり、合計金額を書いてないんです。

不思議でしょ~。

ある時、僕は、妻にこう聞いてみました。

『先月って、いくら生活費かかった?』って。

そしたら、『ん~、分からん』だって。

そりゃ、分かりませんよね。

合計金額出してないんですから・・・

でも、本人曰く、『ちゃんと、家計簿はつけてるよ!』って。

間違えたことは言っていませんが、100点とは言えません。

その後、妻にお願いして、家計簿の付け方を変えてもらいました。

何にお金を使っているのか、よくわかっていない

これも、我が家には、ドンピシャリです。

家計簿つけてても、合計してないので、何にいくら使った分かりません。

家計簿には、数字がいっぱい書いてあるだけですから・・・

それから、項目が細かすぎて、よく分からないんです。

そうかと思えば、項目が大きすぎて、よく分からないものもあります。

たとえば、妻がつけている家計簿には、『カード払い』って項目がありました。

月に、何万円もかかっているんです。

妻に、『このカード払いって、何に使ったの?』ってきいたら、返事はこうでした。

『ん~、何なんだろうね~』って。

もう、家計簿の役割を果たしておりません。

何に使ったのか、分かっていなかったんです。

その後は、『カード払い』の項目を無くして、詳細に書いてもらうようにしました。

言葉遣いに「否定形」が多い

これは、あまり、当てはまりませんでした。

なぜ、否定形の言葉使いが多いとダメなのか?

それは、『柔軟性が乏しく、自分の世界にそぐわないことをシャットアウトしてしまうため、状況を改善しづらい傾向がある』んだそうです。

我が家は、すぐに改善できましたので、良かったと思います。

まあ、ファイナンシャルプランナーに相談しても、改善する気がなければ、まったく意味ありませんからね。

行動あるのみです。

財布が汚い

これは、若干、あてはまります。

妻のお財布をみていると、レシートがごちゃごちゃに入っていました。

『これで、正確に家計簿を書けるんだろうか?』と心配になったこともあります。

なにより、お金を大事に扱ってないですよね。

お金持ちの人って、『お金を大事に扱いなさい』とか、『お金に感謝しなさい』とか言いますよね。

おもしろい人は、『お金を喜ばせなさい』なんて言う人もいます。

いづれにしても、お金を粗末に扱うのは良くないみたいです。

僕も、出来るだけ、お財布の中身は、スッキリするようにしています。

最後に

結局、我が家は、お金があまり貯まりませんでした。

ですが、今は家計簿をつけ、支出を最小限にコントロールし、お財布をきれいにしていますので、これから、入ってくるものだと信じております。

ただ、僕は、無職のままなんですけど。

いくら、お財布をきれいにしても、働かないと入ってきませんかね?

そういえば、来週は、失業保険の認定日でした!

さっそく、お金が入ってきますね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

Dr.コパのお財布風水 なぜかお金が貯まる[本/雑誌] (単行本・ムック) / 小林祥晃/著

価格:1,188円
(2019/5/16 15:16時点)