53歳で貯金120万円。老後は生きていけるか?雇われで働くリスク。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『53歳一人暮らし貯金120万円。事情があり貯金ができておらず、ここ2年間で貯め始めました』です。

なんと、今まで、貯金をしてこなかったみたい・・・

諸事情があったそうですが、それにしても、不安にならなかったんですかね。

この状況で、老後は大丈夫なんでしょうか?

ちょっとだけ、考えてみました。

登場する方は?

53歳の独身女性です。

月の収入は約16万円で、ボーナスは48万円あるそうです。

年収にすれば、300万円くらいでしょうか?

貯金は、投資も含めれば、約120万円お持ちのようです。

公的年金は、65歳から月に約11万円受給できるみたい。

さて、これで生きていけるんでしょうか?

支出は?

一方、支出はどうでしょうか?

・住宅費:4万5000円

・食費:2万円

・光熱費:1万円

・通信費:8240円

・趣味娯楽:1万2000円

・こづかい:2万円

・雑費:9584円

・保険料:4176円

合計すると、約13万円くらいになります。

月の収入は約16万円ですから、16万円ー13万円=3万円を貯めることが出来ます。

年間では、3万円×12か月=36万円になります。

さらに、ボーナスは全額貯金しているそうなので、36万円+48万円=84万円を貯金することが出来そうです。

60歳まで働いたら?

仮に、60歳まで働いたとします。

現在、53歳ですから、あと7年は働くことが出来ます。

すると、84万円×7年=588万円を貯めることが出来ます。

今の貯金120万円を合わせると、120万円+588万円=約700万円になります。

ってことは、60歳時点の貯金額は、700万円ってことになります。

60歳から65歳まで、貯金を切り崩して生活したとします。

月の生活費は13万円ですから、年間では、13万円×12か月=156万円が必要になります。

とすると、65歳までに、156万円×5年=780万円が必要になるわけです。

60歳時点の貯金は700万円ですので、完全に足りないってことになります。

60歳でリタイアすることは無理のようですね。

65歳まで働いたら

もし、60歳から65歳までの間、月の生活費13万円を稼ぐことが出来たら、どうなるでしょうか?

そうなると、貯金を切り崩すことはありません。

すると、65歳時点での貯金額は、700万円ってことになります。

公的年金は月に約11万円あるそうです。

ですが、月の生活費は13万円かかりますので、2万円不足します。

年間では、2万×12か月=24万円が足りないわけです。

これを貯金から切り崩すことになります。

ってことは、700万円÷24万円=約29年で、貯金が底をつくことになります。

その時、この女性の年齢は、65歳+29年=94歳です。

まあ、何とか生きていけそうな感じですかね。

最後に

この女性の場合、60歳から65歳の間、毎月13万円を稼がないといけません。

これって、どうなんでしょうか?

今の感覚からすれば、『大丈夫じゃない!』って気もします。

ですが、これから先、どうなるか分かりません。

国は、『70歳まで働け!』と言っていますが、雇う側はどうなんでしょう。

そんな気あるんでしょうか?

『65歳まで働くぞ!』って思っても、雇ってくれないと働けませんからね。

僕としては、なんだか不安です。

であるならば、どうするか?

少しでもいいので、自分で稼げるようになっておいたほうがいいですよね。

そうすれば、雇われなくてもいいわけですから。

『雇われで働く』ってことは、経済の影響を受けますので、ちょっと怖いかな・・・

今回のコロナの件で、クビ切りにあった人多かったですからね。

『自分で稼ぐ力を身につける』ってことが、今後は、大事になってくるんでしょうか・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。