57歳で貯金3500万円。しかし、毎月赤字家計。老後は大丈夫か?

 

こんにちは。たかです。

コロナの影響もあり、世界の経済成長率が、かなり悪いみたいですね。

日本だって、例外じゃありません。

この先、どうなっていくんでしょうかね。

これから、リストラなんかが行われるんでしょう。

さて、今日、こんな記事を見ました。

『57歳貯金3500万円。家族は特養にいる父一人。老後のお金が不安で困っています』です。

57歳で3500万円の貯金があるって、かなり、恵まれた感じだと思うんですがね。

我が家は、そんなにお金ありませんけど・・・

しかも、僕は働いていないし。

どうして、そんなに不安なんでしょうか?

登場する方は?

57歳の独身女性です。

昨年、会社を自主退社され、今は、派遣で仕事をされているようです。

月の収入は約16万円で、ボーナスはありません。

年金の受給予定額は、約127万円のようですが、派遣になって収入下がっています。

なので、もらえる年金額も下がると思われます。

ちなみに、貯金は、3500万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はどうでしょうか?

・住宅費:7万5000円

・食費:4万7000円

・光熱費:2万5000円

・通信費:1万円

・趣味娯楽:1万7000円

・雑費:1万円

・保険料:3500円

合計すると、約19万円になります。

月の収入は16万円ですから、16万円ー19万円=3万円の赤字ってことになります。

年間では、3万円×12か月=36万円になります。

65歳まで働いたら?

仮に、65歳まで働いたとします。

現在、57歳ですから、あと8年あります。

毎年36万円の赤字ですので、36万円×8年=約300万円が貯金から無くなることになります。

なので、3500万円ー300万円=3200万円が、65歳時点での貯金ってことになります。

65歳以降は年金で生活

この女性は、神奈川に実家があるそうなんです。

65歳からは、そちらの方で生活をされるらしい。

すると、家賃が必要なくなりますから、生活費は、19万円ー7万5000円=11万5000円でいいわけです。

年金額は127万円の予定ですが、収入が減っていますので、この金額は確実にもらええません。

ここでは、年間120万円に減額して考えてみます。

年間120万円ってことは、月の受給金額は10万円になります。

月の生活費は、11万5000円ですから、11万5000円ー10万円=1万5000円の赤字になります。

年間では、1万5000円×12か月=18万円の赤字です。

これを貯金から補填すると、3200万円÷18万円=177年で貯金が底をつきます。

ん・・・

これが間違っていなければ、全然、心配することありませんよね。

余裕がありすぎる・・・

今すぐ辞めたら?

こんなに余裕があるのなら、今すぐ仕事を辞めて実家で生活しても良くないか?

ちょっと、計算してみました。

57歳から65歳までの8年間は、貯金を切り崩して生きていきます。

すると、11万5000円×12か月×8年=約1100万円が必要になります。

これを貯金から切り崩したら、3500万円ー1100万円=2400万円が残ります。

これが、65歳時点での貯金なわけです。

その後は、年間で18万円を貯金から切り崩していきますので、2400万円÷18万円=133年で底をつきます。

ん・・・今すぐ実家に戻っても、十分生きていけますね。

最後に

ちゃんと計算してみれば、無駄に不安がることもありませんよね。

この女性の場合、65歳時点で1000万円もあれば、十分暮らしていけます。

なので、もっと、自分に『時間とお金』をかけても良いんじゃないでしょうか?

どんなにお金を持っていても、あの世には持って行けません。

使わないと意味無いんです。

時間だって同じです。

仕事が生きがいであるのなら、働き続けてもいいと思います。

ですが、イヤイヤ仕事をしているのであれば、時間がもったいない。

時間は、有限ですからね。

時間は、いつ無くなるか分かりません。

お金は自分でコントロールできますが、時間はコントロールできません。

だって、明日、死んじゃうかもしれないんですから。

僕は、そんな風に思っています。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。